Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブルースの真実(The Blues and the Abstract Truth)はジャズのアメリカのサックス奏者オリヴァー・ネルソンのアルバム。1961年2月に録音されたそれはネルソンの最も絶賛されたアルバムのままであり、注目に値するミュージシャンのラインナップを提供している:フレディ・ハバード、エリック・ドルフィーに(彼のプレスティッジでの最後から2番目のネルソンとのアルバム)、ビル・エヴァンス(ネルソンと彼の唯一の共演)、ポール·チェンバースとロイ・ヘインズ。バリトン・サックス奏者ジョージ・バローは、ソロを取るが、それでもネルソンのアレンジの微妙なボイシングでの重要な機能は果たさない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2979685 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57068627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:rev
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブルースの真実(The Blues and the Abstract Truth)はジャズのアメリカのサックス奏者オリヴァー・ネルソンのアルバム。1961年2月に録音されたそれはネルソンの最も絶賛されたアルバムのままであり、注目に値するミュージシャンのラインナップを提供している:フレディ・ハバード、エリック・ドルフィーに(彼のプレスティッジでの最後から2番目のネルソンとのアルバム)、ビル・エヴァンス(ネルソンと彼の唯一の共演)、ポール·チェンバースとロイ・ヘインズ。バリトン・サックス奏者ジョージ・バローは、ソロを取るが、それでもネルソンのアレンジの微妙なボイシングでの重要な機能は果たさない。
rdfs:label
  • ブルースの真実
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of