ブルボン朝(ブルボンちょう、フランス語: dynastie des Bourbons)は、近世フランス王国の王朝である。1589年から1792年まで、一時中断を挟んで1814年から1830年まで続いた。文化史の分野ではルイ王朝と呼ばれることがある。これはこの王朝にルイという名の国王が何代にもわたって続いたからである。カペー朝の支流である。 ヴァロワ朝の末期には王家支流のほとんどが断絶していて、遠縁筋のブルボン家でも分家となる新教徒のアンリ・ド・ナヴァールが王位継承者として定まった。そして新旧両派の宗教戦争であったユグノー戦争の最中にアンリ3世が暗殺されてヴァロワ朝が断絶、そのナヴァール王がアンリ4世としてが本来カトリックのフランス国王として即位したことでブルボン朝が成立した。このときメディチ家の財力を受け継いだ。ルイ14世の時代には絶対王政を築き、ハプスブルク家と政略結婚もし、領土拡大など戦果を上げて最盛期を迎えた。 フランス革命でブルボン家は王位を追われてフランスを去り、ナポレオン1世の失脚により王政復古で舞い戻ったが、七月革命によって再度王位を追われた。現在のスペイン王室は分家にあたる。

Property Value
dbo:abstract
  • ブルボン朝(ブルボンちょう、フランス語: dynastie des Bourbons)は、近世フランス王国の王朝である。1589年から1792年まで、一時中断を挟んで1814年から1830年まで続いた。文化史の分野ではルイ王朝と呼ばれることがある。これはこの王朝にルイという名の国王が何代にもわたって続いたからである。カペー朝の支流である。 ヴァロワ朝の末期には王家支流のほとんどが断絶していて、遠縁筋のブルボン家でも分家となる新教徒のアンリ・ド・ナヴァールが王位継承者として定まった。そして新旧両派の宗教戦争であったユグノー戦争の最中にアンリ3世が暗殺されてヴァロワ朝が断絶、そのナヴァール王がアンリ4世としてが本来カトリックのフランス国王として即位したことでブルボン朝が成立した。このときメディチ家の財力を受け継いだ。ルイ14世の時代には絶対王政を築き、ハプスブルク家と政略結婚もし、領土拡大など戦果を上げて最盛期を迎えた。 フランス革命でブルボン家は王位を追われてフランスを去り、ナポレオン1世の失脚により王政復古で舞い戻ったが、七月革命によって再度王位を追われた。現在のスペイン王室は分家にあたる。 (ja)
  • ブルボン朝(ブルボンちょう、フランス語: dynastie des Bourbons)は、近世フランス王国の王朝である。1589年から1792年まで、一時中断を挟んで1814年から1830年まで続いた。文化史の分野ではルイ王朝と呼ばれることがある。これはこの王朝にルイという名の国王が何代にもわたって続いたからである。カペー朝の支流である。 ヴァロワ朝の末期には王家支流のほとんどが断絶していて、遠縁筋のブルボン家でも分家となる新教徒のアンリ・ド・ナヴァールが王位継承者として定まった。そして新旧両派の宗教戦争であったユグノー戦争の最中にアンリ3世が暗殺されてヴァロワ朝が断絶、そのナヴァール王がアンリ4世としてが本来カトリックのフランス国王として即位したことでブルボン朝が成立した。このときメディチ家の財力を受け継いだ。ルイ14世の時代には絶対王政を築き、ハプスブルク家と政略結婚もし、領土拡大など戦果を上げて最盛期を迎えた。 フランス革命でブルボン家は王位を追われてフランスを去り、ナポレオン1世の失脚により王政復古で舞い戻ったが、七月革命によって再度王位を追われた。現在のスペイン王室は分家にあたる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 629462 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3694 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81231209 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ブルボン朝(ブルボンちょう、フランス語: dynastie des Bourbons)は、近世フランス王国の王朝である。1589年から1792年まで、一時中断を挟んで1814年から1830年まで続いた。文化史の分野ではルイ王朝と呼ばれることがある。これはこの王朝にルイという名の国王が何代にもわたって続いたからである。カペー朝の支流である。 ヴァロワ朝の末期には王家支流のほとんどが断絶していて、遠縁筋のブルボン家でも分家となる新教徒のアンリ・ド・ナヴァールが王位継承者として定まった。そして新旧両派の宗教戦争であったユグノー戦争の最中にアンリ3世が暗殺されてヴァロワ朝が断絶、そのナヴァール王がアンリ4世としてが本来カトリックのフランス国王として即位したことでブルボン朝が成立した。このときメディチ家の財力を受け継いだ。ルイ14世の時代には絶対王政を築き、ハプスブルク家と政略結婚もし、領土拡大など戦果を上げて最盛期を迎えた。 フランス革命でブルボン家は王位を追われてフランスを去り、ナポレオン1世の失脚により王政復古で舞い戻ったが、七月革命によって再度王位を追われた。現在のスペイン王室は分家にあたる。 (ja)
  • ブルボン朝(ブルボンちょう、フランス語: dynastie des Bourbons)は、近世フランス王国の王朝である。1589年から1792年まで、一時中断を挟んで1814年から1830年まで続いた。文化史の分野ではルイ王朝と呼ばれることがある。これはこの王朝にルイという名の国王が何代にもわたって続いたからである。カペー朝の支流である。 ヴァロワ朝の末期には王家支流のほとんどが断絶していて、遠縁筋のブルボン家でも分家となる新教徒のアンリ・ド・ナヴァールが王位継承者として定まった。そして新旧両派の宗教戦争であったユグノー戦争の最中にアンリ3世が暗殺されてヴァロワ朝が断絶、そのナヴァール王がアンリ4世としてが本来カトリックのフランス国王として即位したことでブルボン朝が成立した。このときメディチ家の財力を受け継いだ。ルイ14世の時代には絶対王政を築き、ハプスブルク家と政略結婚もし、領土拡大など戦果を上げて最盛期を迎えた。 フランス革命でブルボン家は王位を追われてフランスを去り、ナポレオン1世の失脚により王政復古で舞い戻ったが、七月革命によって再度王位を追われた。現在のスペイン王室は分家にあたる。 (ja)
rdfs:label
  • ブルボン朝 (ja)
  • ブルボン朝 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:genre of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:mlin of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:家名 of
is prop-ja:王朝 of
is prop-ja:発生年 of
is foaf:primaryTopic of