Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブルターニュ公国Duché de Bretagne/Dukelezh Breizh国の標語: Potius mori quam fœdariブルターニュ公国の位置ブルターニュ公国 (ブレイス語:Dukelezh Breizh、ガロ語:Duchë de Bertaèyn、フランス語:Duché de Bretagne)は、かつてヨーロッパ大陸西部にあった公国で、のちにフランス王国の一部となった。その領土は現在のブルターニュ地域圏全体とロワール=アトランティック県を含んでいた。公国は、ノルマン人(ヴァイキング)によるブルターニュ占領さなかの936年に生まれた。最後のブルターニュ王アラン1世・ル・グラン(fr)の孫息子、アラン・バルベトルトが、ノルマン人から祖国を解放しブルターニュ公になった年を起源としている。10世紀から12世紀のほぼ3世紀間にわたって、ブルターニュの大貴族たち(ナント伯、レンヌ伯、コルヌアイユ伯)が熱心にブルトン人の国内で競い合っていた。12世紀半ば、公国はヨーロッパの列強である大国フランスとイングランドに挟まれた地政学的に戦略の重要地となった。プランタジネット家とカペー家が、自分たちに都合の良い公爵を据えようとした。2つの大国の影響が絶えず公爵に課せられた。13世紀初頭から15世紀後半まで親仏派の公爵が続き、百年戦争さなかの1360年から1460年までは公国は独立国家としての力を蓄えた。外交および軍事での60年に渡る抗争のあと、フランス王国が何世紀にもわたり公国の監督を行い公国の利益を貪った。1532年、公国とフランスの連合が宣言され、連合条約が有効に働いている1547年にブルターニュ公であるアンリ2世がフランス王に即位した。しかしながら、新たにフランスの州となったブルターニュは、1789年のフランス革命までかなりの自治権と特権を保持することができた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2694430 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1966 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52334224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:latns
  • N
prop-ja:longew
  • E
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1547 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Localisation Duché de Bretagne.svg
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:公式国名
  • Duché de Bretagne/Dukelezh Breizh
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗画像
  • Drapeau de la province de Bretagne .svg
prop-ja:国章画像
  • COA fr BRE.svg
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
  • 936 (xsd:integer)
  • 1547 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 936 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • ブルターニュ公国
prop-ja:標語
  • Potius mori quam fœdari
prop-ja:略名
  • ブルターニュ公国
prop-ja:首都
  • 時代によって変遷
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブルターニュ公国Duché de Bretagne/Dukelezh Breizh国の標語: Potius mori quam fœdariブルターニュ公国の位置ブルターニュ公国 (ブレイス語:Dukelezh Breizh、ガロ語:Duchë de Bertaèyn、フランス語:Duché de Bretagne)は、かつてヨーロッパ大陸西部にあった公国で、のちにフランス王国の一部となった。その領土は現在のブルターニュ地域圏全体とロワール=アトランティック県を含んでいた。公国は、ノルマン人(ヴァイキング)によるブルターニュ占領さなかの936年に生まれた。最後のブルターニュ王アラン1世・ル・グラン(fr)の孫息子、アラン・バルベトルトが、ノルマン人から祖国を解放しブルターニュ公になった年を起源としている。10世紀から12世紀のほぼ3世紀間にわたって、ブルターニュの大貴族たち(ナント伯、レンヌ伯、コルヌアイユ伯)が熱心にブルトン人の国内で競い合っていた。12世紀半ば、公国はヨーロッパの列強である大国フランスとイングランドに挟まれた地政学的に戦略の重要地となった。プランタジネット家とカペー家が、自分たちに都合の良い公爵を据えようとした。2つの大国の影響が絶えず公爵に課せられた。13世紀初頭から15世紀後半まで親仏派の公爵が続き、百年戦争さなかの1360年から1460年までは公国は独立国家としての力を蓄えた。外交および軍事での60年に渡る抗争のあと、フランス王国が何世紀にもわたり公国の監督を行い公国の利益を貪った。1532年、公国とフランスの連合が宣言され、連合条約が有効に働いている1547年にブルターニュ公であるアンリ2世がフランス王に即位した。しかしながら、新たにフランスの州となったブルターニュは、1789年のフランス革命までかなりの自治権と特権を保持することができた。
rdfs:label
  • ブルターニュ公国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:生地 of
is foaf:primaryTopic of