Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブルターニュの聖アンナ崇敬 (Culte de Sainte Anne en Bretagne)では、フランス、ブルターニュにおける聖アンナ(フランス語ではアンヌ)への強い崇敬について述べる。聖アンナは、多かれ少なかれ神話的な、アルモリカ時代の原始キリスト教時代から崇敬されているブルトン聖人の1人とされ、マリアの母アンナと同一視されている。19世紀以降、聖アンナはブルターニュの守護聖人としてみなされてきたが、1914年7月26日、ローマ教皇ピウス10世によって正式に認められた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2903522 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2945 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51853812 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブルターニュの聖アンナ崇敬 (Culte de Sainte Anne en Bretagne)では、フランス、ブルターニュにおける聖アンナ(フランス語ではアンヌ)への強い崇敬について述べる。聖アンナは、多かれ少なかれ神話的な、アルモリカ時代の原始キリスト教時代から崇敬されているブルトン聖人の1人とされ、マリアの母アンナと同一視されている。19世紀以降、聖アンナはブルターニュの守護聖人としてみなされてきたが、1914年7月26日、ローマ教皇ピウス10世によって正式に認められた。
rdfs:label
  • ブルターニュの聖アンナ崇敬
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of