Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブルガリア君主一覧本項目では、ブルガリアの君主を掲げる。君主の称号は、はじめはハーン(汗)、キリスト教化したボリス1世のときから王(クニャス)、次いでシメオン1世のときから皇帝(はじめはギリシャ語の”バシレウス”、後にスラヴ語の“ツァール”)が用いられた。一般に「ブルガリア王国」と呼ばれる近代ブルガリアでも、独立後の君主の称号は皇帝(ツァール)であった。 年号は、在位年を示す。ただし、8世紀頃までのハーンたちの在位年はおよそである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 102788 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5822 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58787525 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブルガリア君主一覧本項目では、ブルガリアの君主を掲げる。君主の称号は、はじめはハーン(汗)、キリスト教化したボリス1世のときから王(クニャス)、次いでシメオン1世のときから皇帝(はじめはギリシャ語の”バシレウス”、後にスラヴ語の“ツァール”)が用いられた。一般に「ブルガリア王国」と呼ばれる近代ブルガリアでも、独立後の君主の称号は皇帝(ツァール)であった。 年号は、在位年を示す。ただし、8世紀頃までのハーンたちの在位年はおよそである。
rdfs:label
  • ブルガリア君主一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is prop-ja:titles of
is prop-ja:元首等肩書 of
is prop-ja:元首職 of
is prop-ja:君主号 of
is foaf:primaryTopic of