Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブリーフケース(英:briefcase)とは、鞄の一種で、「書類用鞄」の意。名の通り、書類を入れるための鞄であり、薄い箱形をしている。ビジネスマンが持つことが多く、書類だけでなく、その他携行品を入れることもできる。A4サイズの書類が入るのが望ましいとされている。金具の付いた足場があると倒れにくい。皮革が多いが、人造皮革やナイロン製も近年使われている。とってを掴んで携行することになるのであまり重たいものを入れて長時間移動することにも向いていない。公共交通機関で通勤に用いるとき、立っている場合、常に片手が使えないことになり、自動車や比較的空いた電車で短時間でドア・ツー・ドアで移動できる欧米の通勤環境と異なり、日本の場合使い勝手が悪いことになる。ノートパソコンを持ち運ぶのに用いられることも多く、また衝撃吸収材などが入った鞄も売られている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 784190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2015 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58125051 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブリーフケース(英:briefcase)とは、鞄の一種で、「書類用鞄」の意。名の通り、書類を入れるための鞄であり、薄い箱形をしている。ビジネスマンが持つことが多く、書類だけでなく、その他携行品を入れることもできる。A4サイズの書類が入るのが望ましいとされている。金具の付いた足場があると倒れにくい。皮革が多いが、人造皮革やナイロン製も近年使われている。とってを掴んで携行することになるのであまり重たいものを入れて長時間移動することにも向いていない。公共交通機関で通勤に用いるとき、立っている場合、常に片手が使えないことになり、自動車や比較的空いた電車で短時間でドア・ツー・ドアで移動できる欧米の通勤環境と異なり、日本の場合使い勝手が悪いことになる。ノートパソコンを持ち運ぶのに用いられることも多く、また衝撃吸収材などが入った鞄も売られている。
rdfs:label
  • ブリーフケース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of