Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブリテンの先史時代(英: prehistoric Britain)では、ブリテン島・アイルランドにおける人類の渡来(75万年前ごろ)から紀元43年のローマ軍侵攻までの人類社会の推移を解説する。ブリテン島は8500年前までにはヨーロッパ大陸から分離し島になっていた。この時代のブリテンには文字がなく、したがって歴史資料は皆無である。遺跡・化石からいくつかのことがらがわかっているが、不明な点や論争がおこっている点もいまだ多い。島が大陸と陸続きになっている間に人類が渡来し、ブリテン島の豊富な鉱物資源を大いに利用してギリシア地域と交易を行うなど繁栄していた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 440553 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7478 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58200191 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • 遺伝的にはオリエントから農耕をもたらしたハプログループR1b (Y染色体)の可能性が高い。ミトコンドリアDNAの解析によれば、サマセット州チェダー峡谷で見つかった化石のミトコンドリアは、現代ヨーロッパ人の11%と一致している。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブリテンの先史時代(英: prehistoric Britain)では、ブリテン島・アイルランドにおける人類の渡来(75万年前ごろ)から紀元43年のローマ軍侵攻までの人類社会の推移を解説する。ブリテン島は8500年前までにはヨーロッパ大陸から分離し島になっていた。この時代のブリテンには文字がなく、したがって歴史資料は皆無である。遺跡・化石からいくつかのことがらがわかっているが、不明な点や論争がおこっている点もいまだ多い。島が大陸と陸続きになっている間に人類が渡来し、ブリテン島の豊富な鉱物資源を大いに利用してギリシア地域と交易を行うなど繁栄していた。
rdfs:label
  • ブリテンの先史時代
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of