Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブリソン諸語(ブリソンしょご、英: Brythonic languages)、もしくはブリトン諸語(英: Brittonic languages、British languages)とは、島嶼ケルト語からの分岐語族の一つ。もう一方の分岐はゲール語。ブリソニック(Brythonic)の表記は、ウェールズのケルト学者ジョン・ライスによって、(アングロ・サクソン人やゲール人ではない)土着のブリトン人を意味するウェールズ語のブリソン(Brython)から名付けられた。ブリトニック(Brittonic)の表記は、ギリシャ人の著述家による、ブリテン諸島を指すPrettanicが起源である。およそ紀元600年以降に変更が加わったブリソン諸語を指してブリトン諸語(Brittonic)の用語を使う場合もある。ブリトン諸語はブリテン諸島で鉄器時代から今日まで話されてきた。元来は多数派言語であったが、現在はウェールズ・コーンウォールの少数派言語になっている。マン島・スコットランド・(おそらく)アイルランドでは、ブリソン諸語はゲール諸語に取って代わられた。人口移動によって、ブルターニュおよびパタゴニアにもブリソン諸語話者のコミュニティがある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1660831 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58814378 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:altname
  • ブリトン諸語
prop-ja:child
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • インド・ヨーロッパ語族
prop-ja:glotto
  • bryt1239
prop-ja:glottorefname
  • Brythonic
prop-ja:name
  • ブリソン諸語
prop-ja:region
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブリソン諸語(ブリソンしょご、英: Brythonic languages)、もしくはブリトン諸語(英: Brittonic languages、British languages)とは、島嶼ケルト語からの分岐語族の一つ。もう一方の分岐はゲール語。ブリソニック(Brythonic)の表記は、ウェールズのケルト学者ジョン・ライスによって、(アングロ・サクソン人やゲール人ではない)土着のブリトン人を意味するウェールズ語のブリソン(Brython)から名付けられた。ブリトニック(Brittonic)の表記は、ギリシャ人の著述家による、ブリテン諸島を指すPrettanicが起源である。およそ紀元600年以降に変更が加わったブリソン諸語を指してブリトン諸語(Brittonic)の用語を使う場合もある。ブリトン諸語はブリテン諸島で鉄器時代から今日まで話されてきた。元来は多数派言語であったが、現在はウェールズ・コーンウォールの少数派言語になっている。マン島・スコットランド・(おそらく)アイルランドでは、ブリソン諸語はゲール諸語に取って代わられた。人口移動によって、ブルターニュおよびパタゴニアにもブリソン諸語話者のコミュニティがある。
rdfs:label
  • ブリソン諸語
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:languageFamily of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:child of
is prop-ja:fam of
is foaf:primaryTopic of