Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブラン・マク・モーン(Bran Mak Morn)は、ロバート・E・ハワードがパルプ誌「ウィアード・テールズ」に発表した2編のヒロイック・ファンタジーに登場するヒーロー。「闇の帝王」(Kings of the Night, 1930年)「大地の妖蛆」(Worm of the Earth, 1932年)カール・エドワード・ワグナー (Karl Edward Wagner) による続編が2編書かれている。 Legion from the Shadows (1976年) Queen of the Night (1977年)ブランはピクト人の最後の蛮王である。別名に、北の狼、カレドニアの王、暗黒の男などがある。※ピクト人は、ハワードのお気に入りの人種であり、ブラン・マク・モーンのストーリーは彼の他の作品、アトランティスのキング・カル、ハイボリア期の英雄コナンなどのストーリーと時代的に連続している。舞台は3世紀初頭、ローマ帝国がブリテン島に侵攻した時代。ピクト人の戦士王ブラン・マク・モーンは、侵入者ローマ人どもを追い払い、ピクトの祖先が古代ヨーロッパに築いていた原初の一なる『暗黒帝国』を復興させるという野望を抱いていた。ケルト人の侵攻によって徐々に追い詰められたピクト人たちは北に逃れ、「赤毛の未開人」種族との混血を進めることとなった。続くローマ人、ブルターニュ人およびサクソン人の侵入によってピクト人は、彼ら自身が地下に追いやった先住民と同様に、地下世界へと逃れる道を選んでゆく(かつてピクト人が地底へと追い遣った先住部族の末裔は『大地の妖蛆』と呼ばれる忌まわしい存在へ変わり果てていた)。ハワードの記述によれば、彼ら後ピクト人は非常に小さく、ずんぐりして力強く、物音を立てずに動き、とりわけ残酷である。彼らは自らに大青(woad)を塗り、天然の、もしくは一部を人工的に拡張した非常に大きい洞穴に住んでいた。彼らは敵の捕虜を生きたまま燃やす習慣があり、そういった儀式は彼らの魔術師ないし僧侶によって取り仕切られていた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1110025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1583 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59196007 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブラン・マク・モーン(Bran Mak Morn)は、ロバート・E・ハワードがパルプ誌「ウィアード・テールズ」に発表した2編のヒロイック・ファンタジーに登場するヒーロー。「闇の帝王」(Kings of the Night, 1930年)「大地の妖蛆」(Worm of the Earth, 1932年)カール・エドワード・ワグナー (Karl Edward Wagner) による続編が2編書かれている。 Legion from the Shadows (1976年) Queen of the Night (1977年)ブランはピクト人の最後の蛮王である。別名に、北の狼、カレドニアの王、暗黒の男などがある。※ピクト人は、ハワードのお気に入りの人種であり、ブラン・マク・モーンのストーリーは彼の他の作品、アトランティスのキング・カル、ハイボリア期の英雄コナンなどのストーリーと時代的に連続している。舞台は3世紀初頭、ローマ帝国がブリテン島に侵攻した時代。ピクト人の戦士王ブラン・マク・モーンは、侵入者ローマ人どもを追い払い、ピクトの祖先が古代ヨーロッパに築いていた原初の一なる『暗黒帝国』を復興させるという野望を抱いていた。ケルト人の侵攻によって徐々に追い詰められたピクト人たちは北に逃れ、「赤毛の未開人」種族との混血を進めることとなった。続くローマ人、ブルターニュ人およびサクソン人の侵入によってピクト人は、彼ら自身が地下に追いやった先住民と同様に、地下世界へと逃れる道を選んでゆく(かつてピクト人が地底へと追い遣った先住部族の末裔は『大地の妖蛆』と呼ばれる忌まわしい存在へ変わり果てていた)。ハワードの記述によれば、彼ら後ピクト人は非常に小さく、ずんぐりして力強く、物音を立てずに動き、とりわけ残酷である。彼らは自らに大青(woad)を塗り、天然の、もしくは一部を人工的に拡張した非常に大きい洞穴に住んでいた。彼らは敵の捕虜を生きたまま燃やす習慣があり、そういった儀式は彼らの魔術師ないし僧侶によって取り仕切られていた。
rdfs:label
  • ブラン・マク・モーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of