Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブランデンブルク辺境伯領Mark/Markgrafschaft Brandenburgブランデンブルク辺境伯(ブランデンブルクへんきょうはく)は、神聖ローマ帝国の貴族で、選帝侯のひとり。ドイツの北東部を領地とした。その領地は現在のブランデンブルク州の大部分とベルリン、およびポーランドの一部に相当する。ブランデンブルク辺境伯の所領はブランデンブルク辺境伯領(Mark Brandenburg)とよばれる。辺境において勢力を徐々に拡大し、神聖ローマ帝国崩壊後のドイツ統一の主役となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3380405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRedirects
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58925691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
rdfs:comment
  • ブランデンブルク辺境伯領Mark/Markgrafschaft Brandenburgブランデンブルク辺境伯(ブランデンブルクへんきょうはく)は、神聖ローマ帝国の貴族で、選帝侯のひとり。ドイツの北東部を領地とした。その領地は現在のブランデンブルク州の大部分とベルリン、およびポーランドの一部に相当する。ブランデンブルク辺境伯の所領はブランデンブルク辺境伯領(Mark Brandenburg)とよばれる。辺境において勢力を徐々に拡大し、神聖ローマ帝国崩壊後のドイツ統一の主役となった。
rdfs:label
  • ブランデンブルク辺境伯
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:deathPlace of
is prop-ja:place of
is prop-ja:別号 of
is prop-ja:変遷 of
is foaf:primaryTopic of