Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブランデンブルク統治者の一覧(ブランデンブルクとうちしゃのいちらん)では、神聖ローマ帝国の領邦君主の一人であるブランデンブルク辺境伯(選帝侯)を一覧で列挙する。ブランデンブルク辺境伯領は神聖ローマ帝国の主要な構成国の一つである。1157年にノルトマルク辺境伯アルブレヒト1世(熊公)がブランデンブルク辺境伯を設置したことに始まる。1356年にカール4世が金印勅書を発したことで選帝侯の地位を獲得する。初期は様々な家系が支配したが、1415年以降は一貫してホーエンツォレルン家が5世紀にわたって統治した。ブランデンブルク辺境伯及び選帝侯は1806年の神聖ローマ帝国崩壊で廃された。しかしながらホーエンツォレルン家はプロイセン王国(ホーエンツォレン家は1701年に「プロイセンの王」を、1772年にはプロイセン国王の地位を獲得した)と名を変えてベルリンを中心として統治し続けた。1871年から1918年の間にはドイツ皇帝も兼ねている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2030665 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10017 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57931691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • ふらんてんふるく統_世界史
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブランデンブルク統治者の一覧(ブランデンブルクとうちしゃのいちらん)では、神聖ローマ帝国の領邦君主の一人であるブランデンブルク辺境伯(選帝侯)を一覧で列挙する。ブランデンブルク辺境伯領は神聖ローマ帝国の主要な構成国の一つである。1157年にノルトマルク辺境伯アルブレヒト1世(熊公)がブランデンブルク辺境伯を設置したことに始まる。1356年にカール4世が金印勅書を発したことで選帝侯の地位を獲得する。初期は様々な家系が支配したが、1415年以降は一貫してホーエンツォレルン家が5世紀にわたって統治した。ブランデンブルク辺境伯及び選帝侯は1806年の神聖ローマ帝国崩壊で廃された。しかしながらホーエンツォレルン家はプロイセン王国(ホーエンツォレン家は1701年に「プロイセンの王」を、1772年にはプロイセン国王の地位を獲得した)と名を変えてベルリンを中心として統治し続けた。1871年から1918年の間にはドイツ皇帝も兼ねている。
rdfs:label
  • ブランデンブルク統治者の一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:別号 of
is foaf:primaryTopic of