Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブラマーナンダ(ブラフマーナンダ, Swami Brahmananda, स्वामी ब्रह्मानंद, 本名:ラーカール・チャンドラ・ゴーシュ (राखाल चंद्र घोष, Rakhal Chandra Ghosh) 、1863年1月21日 - 1922年4月10日)はインドのヨーガ行者であり導師(グル)。ラーマクリシュナの愛弟子の1人であり、スワーミー・ヴィヴェーカーナンダと共に弟子の双璧とされる人物。コルカタから58km程離れた西ベンガル州北24パルガナー県シクラ・クリングラムに生まれる。ラーマクリシュナは彼を「霊性の子」と認め、のちに、ヴィヴェーカーナンダが設立したラーマクリシュナ・ミッションの初代ミッション長に就任した。「ラージャ・マハーラージ(偉大な支配者)」として知られた彼は、ラーマクリシュナ・ミッションの初期の発展に際し重責を担った。彼はヴィヴェーカーナンダの早すぎる死を、大いに悲しんだという。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 837447 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58137206 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブラマーナンダ(ブラフマーナンダ, Swami Brahmananda, स्वामी ब्रह्मानंद, 本名:ラーカール・チャンドラ・ゴーシュ (राखाल चंद्र घोष, Rakhal Chandra Ghosh) 、1863年1月21日 - 1922年4月10日)はインドのヨーガ行者であり導師(グル)。ラーマクリシュナの愛弟子の1人であり、スワーミー・ヴィヴェーカーナンダと共に弟子の双璧とされる人物。コルカタから58km程離れた西ベンガル州北24パルガナー県シクラ・クリングラムに生まれる。ラーマクリシュナは彼を「霊性の子」と認め、のちに、ヴィヴェーカーナンダが設立したラーマクリシュナ・ミッションの初代ミッション長に就任した。「ラージャ・マハーラージ(偉大な支配者)」として知られた彼は、ラーマクリシュナ・ミッションの初期の発展に際し重責を担った。彼はヴィヴェーカーナンダの早すぎる死を、大いに悲しんだという。
rdfs:label
  • ブラマーナンダ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of