Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブラッド・ギルバート(Brad Gilbert, 1961年8月9日 - )は、アメリカ・カリフォルニア州オークランド出身の元男子プロテニス選手。1980年代後半から1990年代前半にかけて、アメリカを代表する男子選手の1人として活動し、ATPツアーでシングルス20勝、ダブルス3勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス18位。アンドレ・アガシなど、著名なトッププロ選手たちのコーチとしても有名である。1982年にプロ入りし、同年11月の台湾・台北市の大会でツアー初優勝を果たす。1983年の全仏オープンで4大大会にデビューし、続くウィンブルドンでいきなりジョン・マッケンローとの3回戦に勝ち進んだ。ギルバートは男子ツアーで1984年に年間2勝、1985年に3勝を獲得し、着実に地歩を固めていく。1985年10月のイスラエル・テルアビブ大会で初めての単複2冠を獲得した時は、シングルス決勝では地元イスラエルのアモス・マンスドルフを破って優勝し、ダブルスでは往年の名選手イリ・ナスターゼとペアを組み、初めてのダブルス優勝を飾った。1986年にはツアーで年間4勝を挙げ、男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアメリカ代表にも初選出された。1987年は全米オープンで初めてのベスト8進出があった。ギルバートは4回戦でボリス・ベッカーを破った後、続く準々決勝でジミー・コナーズに 6-4, 3-6, 4-6, 0-6 で敗れた。1988年1月から3月にかけて、ギルバートは足首故障のため一時的に戦線を離れた。プロ入り年の1982年に起こした捻挫による靭帯損傷や、左足首腱の組織に蓄積した傷跡が、レントゲン検査で明らかになったという。この年、ギルバートはソウル五輪の男子シングルスで銅メダルを獲得した。オリンピックテニス競技に「プロテニス選手」の参加が認められたことにより、このソウル大会からオリンピック競技としてのテニスが復活し、ギルバートはアメリカ代表選手として参加した。彼は準決勝で同じアメリカ代表のティム・メイヨットに 4-6, 4-6, 3-6 のストレートで敗れたが、この大会では準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」がなかったため、ブラッド・ギルバートとステファン・エドベリの2人が銅メダリストになった。1989年のギルバートはツアーで最も好調なシーズンを送り、8大会で決勝に進出し、うち5大会で優勝した。7月末から8月第2週にかけて、全米オープン前哨戦で3週連続優勝もあった。1990年1月1日付で、ブラッド・ギルバートは世界ランキングで自己最高の「4位」をマークする。1990年ウィンブルドンで、ギルバートは1987年全米オープン以来となる4大大会ベスト8に入った。4回戦ではアメリカの新鋭デビッド・ウィートンと 6-7, 3-6, 6-1, 6-4, 13-11 の熱戦を繰り広げたが(最終第5セットは24ゲーム)、準々決勝では第2シードのボリス・ベッカーに 4-6, 4-6, 1-6 のストレートで完敗した。結局、ギルバートは4大大会シングルスでは2度のベスト8進出に終わり、準決勝以上に勝ち進むことができなかった。1990年に獲得した3勝を最後に、ギルバートは男子ツアーの優勝から見放され、1991年以後は7大会の準優勝で止まってしまう。デビスカップでは1993年までアメリカ代表選手を務めたが、彼が起用された試合はすべてシングルス戦(通算10勝5敗)であった。ギルバートはプロ入りした1982年から、「ジャパン・オープン」や「セイコー・スーパー・テニス」で毎年のように日本を訪れていた。セイコー・スーパー・テニスでは1983年にイワン・レンドルとの準決勝に進出し、ジャパン・オープンでは1993年にピート・サンプラスに敗れた準優勝がある。現役生活で最後の来日となった1994年のジャパン・オープンでも、ボリス・ベッカーとの準々決勝まで勝ち進んだ。ブラッド・ギルバートは自らがまだ現役選手だった1994年から、アンドレ・アガシのコーチに就任した。ギルバートに師事し始めた年、アガシは全米オープンで初優勝を飾り、1995年に初めて世界ランキング1位になる。ギルバートはアガシのコーチに専念するため、1995年3月の「リプトン国際選手権」1回戦敗退を最後に、自らのシングルス経歴に終止符を打った。その後、アガシのテニス経歴には大きな起伏があったが、その間ずっと彼を支え続けたのがギルバートだった。2002年初頭にアガシとのコーチ契約を解消した後は、アンディ・ロディックやアンディ・マレーを教えたこともある。2011年から、錦織圭のトラベリング・コーチに就任し、15トーナメントに同行する。ブラッド・ギルバートには2冊の著書もあり、1994年に出版した『Winning Ugly: Mental Warfare in Tennis』(格好悪く勝つ-テニスにおける精神的な戦い)という本はベストセラーになった。2005年には、2冊目の著書となる『I've Got Your Back』を出版した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1127869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46775248 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • G016
prop-ja:name
  • ブラッド・ギルバート
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • ベスト8(1990)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス通算
  • 519 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス通算
  • 101 (xsd:integer)
prop-ja:ツアー通算
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1982 (xsd:integer)
prop-ja:体重
  • 79.0
prop-ja:全仏オープン
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープン
  • ベスト8(1987)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全豪オープン
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:写真
  • Brad Gilbert.jpg
prop-ja:写真のコメント
  • ブラッド・ギルバート
prop-ja:写真サイズ
  • 230 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • オークランド
  • 同・カリフォルニア州
prop-ja:利き手
prop-ja:引退年
  • 1998 (xsd:integer)
prop-ja:生涯通算成績
  • 620 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1961-08-09 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 185.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • ブラッド・ギルバート
prop-ja:選手名(英語)_
  • Brad Gilbert
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブラッド・ギルバート(Brad Gilbert, 1961年8月9日 - )は、アメリカ・カリフォルニア州オークランド出身の元男子プロテニス選手。1980年代後半から1990年代前半にかけて、アメリカを代表する男子選手の1人として活動し、ATPツアーでシングルス20勝、ダブルス3勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス18位。アンドレ・アガシなど、著名なトッププロ選手たちのコーチとしても有名である。1982年にプロ入りし、同年11月の台湾・台北市の大会でツアー初優勝を果たす。1983年の全仏オープンで4大大会にデビューし、続くウィンブルドンでいきなりジョン・マッケンローとの3回戦に勝ち進んだ。ギルバートは男子ツアーで1984年に年間2勝、1985年に3勝を獲得し、着実に地歩を固めていく。1985年10月のイスラエル・テルアビブ大会で初めての単複2冠を獲得した時は、シングルス決勝では地元イスラエルのアモス・マンスドルフを破って優勝し、ダブルスでは往年の名選手イリ・ナスターゼとペアを組み、初めてのダブルス優勝を飾った。1986年にはツアーで年間4勝を挙げ、男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアメリカ代表にも初選出された。1987年は全米オープンで初めてのベスト8進出があった。ギルバートは4回戦でボリス・ベッカーを破った後、続く準々決勝でジミー・コナーズに 6-4, 3-6, 4-6, 0-6 で敗れた。1988年1月から3月にかけて、ギルバートは足首故障のため一時的に戦線を離れた。プロ入り年の1982年に起こした捻挫による靭帯損傷や、左足首腱の組織に蓄積した傷跡が、レントゲン検査で明らかになったという。この年、ギルバートはソウル五輪の男子シングルスで銅メダルを獲得した。オリンピックテニス競技に「プロテニス選手」の参加が認められたことにより、このソウル大会からオリンピック競技としてのテニスが復活し、ギルバートはアメリカ代表選手として参加した。彼は準決勝で同じアメリカ代表のティム・メイヨットに 4-6, 4-6, 3-6 のストレートで敗れたが、この大会では準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」がなかったため、ブラッド・ギルバートとステファン・エドベリの2人が銅メダリストになった。1989年のギルバートはツアーで最も好調なシーズンを送り、8大会で決勝に進出し、うち5大会で優勝した。7月末から8月第2週にかけて、全米オープン前哨戦で3週連続優勝もあった。1990年1月1日付で、ブラッド・ギルバートは世界ランキングで自己最高の「4位」をマークする。1990年ウィンブルドンで、ギルバートは1987年全米オープン以来となる4大大会ベスト8に入った。4回戦ではアメリカの新鋭デビッド・ウィートンと 6-7, 3-6, 6-1, 6-4, 13-11 の熱戦を繰り広げたが(最終第5セットは24ゲーム)、準々決勝では第2シードのボリス・ベッカーに 4-6, 4-6, 1-6 のストレートで完敗した。結局、ギルバートは4大大会シングルスでは2度のベスト8進出に終わり、準決勝以上に勝ち進むことができなかった。1990年に獲得した3勝を最後に、ギルバートは男子ツアーの優勝から見放され、1991年以後は7大会の準優勝で止まってしまう。デビスカップでは1993年までアメリカ代表選手を務めたが、彼が起用された試合はすべてシングルス戦(通算10勝5敗)であった。ギルバートはプロ入りした1982年から、「ジャパン・オープン」や「セイコー・スーパー・テニス」で毎年のように日本を訪れていた。セイコー・スーパー・テニスでは1983年にイワン・レンドルとの準決勝に進出し、ジャパン・オープンでは1993年にピート・サンプラスに敗れた準優勝がある。現役生活で最後の来日となった1994年のジャパン・オープンでも、ボリス・ベッカーとの準々決勝まで勝ち進んだ。ブラッド・ギルバートは自らがまだ現役選手だった1994年から、アンドレ・アガシのコーチに就任した。ギルバートに師事し始めた年、アガシは全米オープンで初優勝を飾り、1995年に初めて世界ランキング1位になる。ギルバートはアガシのコーチに専念するため、1995年3月の「リプトン国際選手権」1回戦敗退を最後に、自らのシングルス経歴に終止符を打った。その後、アガシのテニス経歴には大きな起伏があったが、その間ずっと彼を支え続けたのがギルバートだった。2002年初頭にアガシとのコーチ契約を解消した後は、アンディ・ロディックやアンディ・マレーを教えたこともある。2011年から、錦織圭のトラベリング・コーチに就任し、15トーナメントに同行する。ブラッド・ギルバートには2冊の著書もあり、1994年に出版した『Winning Ugly: Mental Warfare in Tennis』(格好悪く勝つ-テニスにおける精神的な戦い)という本はベストセラーになった。2005年には、2冊目の著書となる『I've Got Your Back』を出版した。
rdfs:label
  • ブラッド・ギルバート
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of