ブラック企業(ブラックきぎょう、(和製英語で造語)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、「新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業」(今野晴貴による定義)を指す。「従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」との指摘もある。対義語はホワイト企業。 英語では劣悪な労働環境・労働条件の工場をスウェットショップという。ただ、日本語の「ブラック企業」は工場での非正規労働者のみを念頭に置いた語ではない。

Property Value
dbo:abstract
  • ブラック企業(ブラックきぎょう、(和製英語で造語)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、「新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業」(今野晴貴による定義)を指す。「従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」との指摘もある。対義語はホワイト企業。 英語では劣悪な労働環境・労働条件の工場をスウェットショップという。ただ、日本語の「ブラック企業」は工場での非正規労働者のみを念頭に置いた語ではない。 (ja)
  • ブラック企業(ブラックきぎょう、(和製英語で造語)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、「新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業」(今野晴貴による定義)を指す。「従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」との指摘もある。対義語はホワイト企業。 英語では劣悪な労働環境・労働条件の工場をスウェットショップという。ただ、日本語の「ブラック企業」は工場での非正規労働者のみを念頭に置いた語ではない。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 700254 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 41524 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81257618 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2013 (xsd:integer)
  • --09-05
prop-ja:参照方法
  • --08-17
prop-ja:独自研究
  • --08-08
  • --09-05
prop-ja:観点
  • --02-01
prop-ja:雑多な内容の箇条書き
  • --09-05
dct:subject
rdfs:comment
  • ブラック企業(ブラックきぎょう、(和製英語で造語)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、「新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業」(今野晴貴による定義)を指す。「従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」との指摘もある。対義語はホワイト企業。 英語では劣悪な労働環境・労働条件の工場をスウェットショップという。ただ、日本語の「ブラック企業」は工場での非正規労働者のみを念頭に置いた語ではない。 (ja)
  • ブラック企業(ブラックきぎょう、(和製英語で造語)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、「新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業」(今野晴貴による定義)を指す。「従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」との指摘もある。対義語はホワイト企業。 英語では劣悪な労働環境・労働条件の工場をスウェットショップという。ただ、日本語の「ブラック企業」は工場での非正規労働者のみを念頭に置いた語ではない。 (ja)
rdfs:label
  • ブラック企業 (ja)
  • ブラック企業 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:areaServed of
is foaf:primaryTopic of