Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブラック・アロー(英語: Black Arrow)はイギリスの人工衛星打上げロケットである。王立航空工廠でブラック・ナイトを元に開発された。酸化剤として過酸化水素、燃料としてケロシンという珍しい組み合わせの推進剤を使用しており、燃焼ガスが無色となることが特徴的なロケットである。R3の成功によってイギリスは独自に人工衛星を軌道に投入した6番目の国となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1420155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59242079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:低軌道
  • 135 (xsd:integer)
prop-ja:低軌道詳細
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:使用期間
  • 1969 (xsd:integer)
prop-ja:全長
  • 13 m
prop-ja:原型
prop-ja:名称
  • ブラック・アロー
prop-ja:射場
  • ウーメラ試験設備 LA-5B
prop-ja:成功数
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:打ち上げ数
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:段数
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:画像の注釈
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像名
  • Black Arrow.jpg
prop-ja:直径
  • 2 m
prop-ja:総質量
  • 18.13
prop-ja:運用機関
prop-ja:開発者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブラック・アロー(英語: Black Arrow)はイギリスの人工衛星打上げロケットである。王立航空工廠でブラック・ナイトを元に開発された。酸化剤として過酸化水素、燃料としてケロシンという珍しい組み合わせの推進剤を使用しており、燃焼ガスが無色となることが特徴的なロケットである。R3の成功によってイギリスは独自に人工衛星を軌道に投入した6番目の国となった。
rdfs:label
  • ブラック・アロー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:打上げ機 of
is foaf:primaryTopic of