Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブラジキニン (bradykinin, BK) はノナペプチドで、血圧降下作用を持つ生理活性物質の一種。キニノーゲンから血漿カリクレインやトリプシンによって作られる。構造はArg-Pro-Pro-Gly-Phe-Ser-Pro-Phe-Arg-OH。肺に存在するキニナーゼにより分解される。カリジンとともにプラスマキニン(血漿キニン、単にキニンとも)に分類される。ヘビの毒の一種はキニノーゲンからブラジキニンを作り出す酵素を持ち、それにより動物の血圧を下げる。降圧作用のほかに、神経細胞に作用して痛みを感じさせる物質でもある。また、炎症の発生にも関与しているなど多彩な作用を有する。発痛作用はPGE2により増強される。
dbpedia-owl:imageSize
  • 320 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 517489 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3003 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59139382 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:altsymbols
  • KNG, BDK
prop-ja:arm
  • q
prop-ja:band
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:chromosome
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:entrezgene
  • 3827 (xsd:integer)
prop-ja:hgncid
  • 6383 (xsd:integer)
prop-ja:imagefile
  • Bradykinin structure.svg
  • Bradykinin updated.png
prop-ja:imagesize
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:interpro
  • IPR009608
prop-ja:locussupplementarydata
  • -qter
prop-ja:name
  • キニノーゲン 1
  • ブラジキニン
prop-ja:omim
  • 612358 (xsd:integer)
prop-ja:pfam
  • PF06753
prop-ja:refseq
  • NM_001102416
prop-ja:symbol
prop-ja:uniprot
  • P01042
prop-ja:verifiedrevid
  • 443425952 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ブラジキニン (bradykinin, BK) はノナペプチドで、血圧降下作用を持つ生理活性物質の一種。キニノーゲンから血漿カリクレインやトリプシンによって作られる。構造はArg-Pro-Pro-Gly-Phe-Ser-Pro-Phe-Arg-OH。肺に存在するキニナーゼにより分解される。カリジンとともにプラスマキニン(血漿キニン、単にキニンとも)に分類される。ヘビの毒の一種はキニノーゲンからブラジキニンを作り出す酵素を持ち、それにより動物の血圧を下げる。降圧作用のほかに、神経細胞に作用して痛みを感じさせる物質でもある。また、炎症の発生にも関与しているなど多彩な作用を有する。発痛作用はPGE2により増強される。
rdfs:label
  • ブラジキニン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of