Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブラウン対教育委員会裁判(ブラウン たい きょういくいいんかい さいばん)は、アメリカ合衆国における人種分離政策について、1954年にアメリカ合衆国最高裁判所が行った裁判。ブラウン判決ともいう。1954年5月17日に言い渡された判決は、アール・ウォーレン首席裁判官の法廷において、満場一致(9-0)で決定された。黒人と白人の学生を分離した公立学校の設立を定めたカンザス州の州法は、黒人の子供の平等な教育の機会を否定していると宣言し、単刀直入に「人種分離した教育機関は本来不平等である」と述べた。その結果、法律上の人種差別は、アメリカ合衆国憲法修正第14条(法の下における平等保護条項)に違反するとの判例が確立され、1896年のプレッシー対ファーガソン裁判における「分離すれど平等」という先例を覆した。この勝利は人種統合と公民権運動への道を開いた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1189638 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3817 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54877171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:事件名
  • Oliver Brown et al. v. Board of Education of Topeka et al.
prop-ja:判例集
  • 17280.0
prop-ja:参照法条
prop-ja:多数意見
  • ウォーレン
prop-ja:多数意見賛同
  • 全員一致
prop-ja:少数意見
  • なし
prop-ja:裁判官
  • ヒューゴ・ブラック、スタンリー・フォーマン・リード、フェリックス・フランクファーター、ウィリアム・O・ダグラス、ロバート・ジャクソン、ハロルド・ヒッツ・バートン、トム・C・クラーク、シャーマン・ミントン
prop-ja:裁判年月日
  • --05-17
prop-ja:裁判要旨
  • 公立学校における学生の人種分離は、分離した施設が本質的に不平等なため、アメリカ合衆国憲法修正第14条に定める「平等保護条項」(Equal Protection Clause)に違反する。カンザス州連邦地方裁判所の判決を棄却した。
prop-ja:訴訟当事者
  • ブラウン対トピカ教育委員会
prop-ja:首席裁判官
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブラウン対教育委員会裁判(ブラウン たい きょういくいいんかい さいばん)は、アメリカ合衆国における人種分離政策について、1954年にアメリカ合衆国最高裁判所が行った裁判。ブラウン判決ともいう。1954年5月17日に言い渡された判決は、アール・ウォーレン首席裁判官の法廷において、満場一致(9-0)で決定された。黒人と白人の学生を分離した公立学校の設立を定めたカンザス州の州法は、黒人の子供の平等な教育の機会を否定していると宣言し、単刀直入に「人種分離した教育機関は本来不平等である」と述べた。その結果、法律上の人種差別は、アメリカ合衆国憲法修正第14条(法の下における平等保護条項)に違反するとの判例が確立され、1896年のプレッシー対ファーガソン裁判における「分離すれど平等」という先例を覆した。この勝利は人種統合と公民権運動への道を開いた。
rdfs:label
  • ブラウン対教育委員会裁判
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of