Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブラインド・ウィリー・マクテル(Blind Willie McTell,1898年5月5日 - 1959年[8月19日]])はアメリカ合衆国のピードモント・ブルースシンガーでラグタイム・ギタリスト。本名ウィリアム・サミュエル・マクティアー。ピードモント台地で流行りだった、シンコペーションの効いた流れるようなフィンガー・スタイルでギターを弾いたが、同時代のギタリストたちとは異なり、12弦ギターを専門的に弾いた。McTellほど熟達したスライド・ギタリストはラグタイムのブルースマンの中では珍しい。彼のボーカル・スタイルは多くの場合、スムーズでのんびりとしたテナーで、ミシシッピ・デルタのブルースマン、チャーリー・パットンやミシシッピ・シークスとは対照的である。マクテルはブルース、ラグタイム、宗教音楽、ナンセンス歌などのスタイルで歌った。ジョージア州トムソン生まれのマクテルは十代前半にギターの奏法を学んだ。彼はすぐにアトランタやオーガスタといったジョージア州の都市を中心に大道芸を始めた。1927年にビクター・レコードに初録音。ヒット作は出なかったものの、マクテルは1920年代と30年代を通じて様々な名義で多くのレコード会社から発売された。1940年、民俗学者ジョン・A・ロマックスとルビー・テリル・ローマックスによる米国議会図書館の民謡アーカイブが彼を録音した。彼は1940年代と50年代を通じてアクティブなままで、しばしば彼の長年の相棒カーリー・ウィーバーとともに、アトランタのストリートで演奏した。さらに2回、彼は録音された。マクテルの最後の録音は、1956年にアトランタのレコード店の店長が録音した即席のセッションだった。3年後、糖尿病やアルコール使用障害に苦みながら彼は死んだ。ヒット曲がないにもかかわらず、1940年代と50年代にかけて積極的に活動したマクテルだったが、亡くなったのが1959年だったため、彼の死の翌年である1960年に始まるフォーク・ミュージック・リバイバルの中で「発見」されることはなかった。マクテルの影響は、オールマン・ブラザーズ・バンドによるカバー「ステイツボロ・ブルース」、ボブ・ディランの1983年の歌「ブラインド・ウィリー・マクテル」におけるリフレイン「そして私は、誰もブラインド・ウィリー・マクテルのようなブルースを歌うことはできないことを知っている」などに見られる。McTellの影響を受けた他のアーティストにはタジ・マハール、アルヴィン・ヤングブラッド・ハート、ラルフ・マクテル、クリス・スミザーやザ・ホワイト・ストライプスがいる。ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトは2013年に自身のレーベルからマクテル録音全集をLPで発売した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2982347 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59244564 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブラインド・ウィリー・マクテル(Blind Willie McTell,1898年5月5日 - 1959年[8月19日]])はアメリカ合衆国のピードモント・ブルースシンガーでラグタイム・ギタリスト。本名ウィリアム・サミュエル・マクティアー。ピードモント台地で流行りだった、シンコペーションの効いた流れるようなフィンガー・スタイルでギターを弾いたが、同時代のギタリストたちとは異なり、12弦ギターを専門的に弾いた。McTellほど熟達したスライド・ギタリストはラグタイムのブルースマンの中では珍しい。彼のボーカル・スタイルは多くの場合、スムーズでのんびりとしたテナーで、ミシシッピ・デルタのブルースマン、チャーリー・パットンやミシシッピ・シークスとは対照的である。マクテルはブルース、ラグタイム、宗教音楽、ナンセンス歌などのスタイルで歌った。ジョージア州トムソン生まれのマクテルは十代前半にギターの奏法を学んだ。彼はすぐにアトランタやオーガスタといったジョージア州の都市を中心に大道芸を始めた。1927年にビクター・レコードに初録音。ヒット作は出なかったものの、マクテルは1920年代と30年代を通じて様々な名義で多くのレコード会社から発売された。1940年、民俗学者ジョン・A・ロマックスとルビー・テリル・ローマックスによる米国議会図書館の民謡アーカイブが彼を録音した。彼は1940年代と50年代を通じてアクティブなままで、しばしば彼の長年の相棒カーリー・ウィーバーとともに、アトランタのストリートで演奏した。さらに2回、彼は録音された。マクテルの最後の録音は、1956年にアトランタのレコード店の店長が録音した即席のセッションだった。3年後、糖尿病やアルコール使用障害に苦みながら彼は死んだ。ヒット曲がないにもかかわらず、1940年代と50年代にかけて積極的に活動したマクテルだったが、亡くなったのが1959年だったため、彼の死の翌年である1960年に始まるフォーク・ミュージック・リバイバルの中で「発見」されることはなかった。マクテルの影響は、オールマン・ブラザーズ・バンドによるカバー「ステイツボロ・ブルース」、ボブ・ディランの1983年の歌「ブラインド・ウィリー・マクテル」におけるリフレイン「そして私は、誰もブラインド・ウィリー・マクテルのようなブルースを歌うことはできないことを知っている」などに見られる。McTellの影響を受けた他のアーティストにはタジ・マハール、アルヴィン・ヤングブラッド・ハート、ラルフ・マクテル、クリス・スミザーやザ・ホワイト・ストライプスがいる。ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトは2013年に自身のレーベルからマクテル録音全集をLPで発売した。
rdfs:label
  • ブラインド・ウィリー・マクテル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of