Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:Person/height
  • 188.0
dbpedia-owl:Person/weight
  • 84.0
dbpedia-owl:abstract
  • ブライアン・テイラー(Brian Taylor, 1951年6月9日 - )は1970年代のアメリカ合衆国プロリーグで活躍した元バスケットボール選手。ニュージャージー州パースアンボイ出身、プリンストン大学卒業。ポジションはガード、身長188cm、体重84kg。プリンストン大学では2年間のみプレイし、4年生のシーズンを待たずしてプロの世界に入ったが、現役引退後に再び大学に戻り、1983年に卒業している。在学中は通算1,239得点を記録し、1971年のアイビー・リーグ新人王、2年それぞれでオール・アイビーの1stチーム入りをしている。1972年のドラフトではABAのニューヨーク・ネッツとNBAのシアトル・スーパーソニックスから同時に指名を受けたが、テイラーはネッツと契約した。テイラーは1年目からチームの主要得点源の一人として活躍し、平均15.3得点をあげて新人王を受賞する。翌1973-74シーズンにはジュリアス・アービングがネッツに入団し、大きく戦力アップしたネッツはこの年のファイナルを連覇。テイラーは70年代中盤に全盛期を迎え、1974-75シーズンには初のオールスター出場を果たし、1975-76シーズンにはキャリアハイとなる平均18.8得点を記録。ネッツはこの年も優勝を果たし、テイラーはネッツ在籍中に2度のABA優勝を経験した。また優秀なディフェンダーでもあったテイラーは2年連続でオールディフェンシブ1stチームに選ばれている。このシーズン終了後にABAはNBAに吸収合併される形で消滅し、テイラーはネッツからカンザスシティ・キングスに移籍し、さらにデンバー・ナゲッツにトレードされた。1979-80シーズンから4シーズンサンディエゴ・クリッパーズでプレイ。ネッツ時代は主にスコアラーとしてプレイしたテイラーだがクリッパーズではプレイメーカーとしても活躍し、最後の2シーズンはいずれも平均6アシスト以上をあげた。1982年に現役から引退。ABA/NBA10シーズンの成績は、通算7,868得点2,478アシスト、平均13.1得点4.1アシストだった。現役引退後はロサンゼルス市内の高校の校長となった。主な業績AP通信選出オールアメリカン (1972)ABA新人王 (1973)ABAオールディフェンシブ1stチーム (1975, 1976)ABAオールスターゲーム出場 (1975, 1976)ABAファイナル制覇 (1974, 1975)NBAオールディフェンシブ2ndチーム (1977)↑ 1.0 1.1 1.2
dbpedia-owl:birthDate
  • 1951-06-09 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:draft
  • 1972年2巡23位
dbpedia-owl:height
  • 1.880000 (xsd:double)
dbpedia-owl:number
  • 14
dbpedia-owl:position
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:weight
  • 84000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1897224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54854078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルファベット表記
  • Brian Taylor
prop-ja:ドラフト
  • 1972 (xsd:integer)
prop-ja:ポジション
prop-ja:体重
  • 84.0
prop-ja:出身地
  • ニュージャージー州パースアンボイ
prop-ja:名前
  • ブライアン・テイラー
prop-ja:所属チーム名
  • 引退
prop-ja:本名
  • Brian Dwight Taylor
prop-ja:画像
  • Brian Dwight Taylor.jpg
prop-ja:経歴
prop-ja:経歴年
  • 1972 (xsd:integer)
  • 1976 (xsd:integer)
  • 1977 (xsd:integer)
  • 1978 (xsd:integer)
prop-ja:背番号
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1951-06-09 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 188.0
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ブライアン・テイラー(Brian Taylor, 1951年6月9日 - )は1970年代のアメリカ合衆国プロリーグで活躍した元バスケットボール選手。ニュージャージー州パースアンボイ出身、プリンストン大学卒業。ポジションはガード、身長188cm、体重84kg。プリンストン大学では2年間のみプレイし、4年生のシーズンを待たずしてプロの世界に入ったが、現役引退後に再び大学に戻り、1983年に卒業している。在学中は通算1,239得点を記録し、1971年のアイビー・リーグ新人王、2年それぞれでオール・アイビーの1stチーム入りをしている。1972年のドラフトではABAのニューヨーク・ネッツとNBAのシアトル・スーパーソニックスから同時に指名を受けたが、テイラーはネッツと契約した。テイラーは1年目からチームの主要得点源の一人として活躍し、平均15.3得点をあげて新人王を受賞する。翌1973-74シーズンにはジュリアス・アービングがネッツに入団し、大きく戦力アップしたネッツはこの年のファイナルを連覇。テイラーは70年代中盤に全盛期を迎え、1974-75シーズンには初のオールスター出場を果たし、1975-76シーズンにはキャリアハイとなる平均18.8得点を記録。ネッツはこの年も優勝を果たし、テイラーはネッツ在籍中に2度のABA優勝を経験した。また優秀なディフェンダーでもあったテイラーは2年連続でオールディフェンシブ1stチームに選ばれている。このシーズン終了後にABAはNBAに吸収合併される形で消滅し、テイラーはネッツからカンザスシティ・キングスに移籍し、さらにデンバー・ナゲッツにトレードされた。1979-80シーズンから4シーズンサンディエゴ・クリッパーズでプレイ。ネッツ時代は主にスコアラーとしてプレイしたテイラーだがクリッパーズではプレイメーカーとしても活躍し、最後の2シーズンはいずれも平均6アシスト以上をあげた。1982年に現役から引退。ABA/NBA10シーズンの成績は、通算7,868得点2,478アシスト、平均13.1得点4.1アシストだった。現役引退後はロサンゼルス市内の高校の校長となった。主な業績AP通信選出オールアメリカン (1972)ABA新人王 (1973)ABAオールディフェンシブ1stチーム (1975, 1976)ABAオールスターゲーム出場 (1975, 1976)ABAファイナル制覇 (1974, 1975)NBAオールディフェンシブ2ndチーム (1977)↑ 1.0 1.1 1.2
rdfs:label
  • ブライアン・テイラー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ブライアン・テイラー
  • Brian Dwight Taylor
  • Brian Taylor
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of