Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブッシュ・ドクトリン(Bush Doctrine)とは、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件を受けて登場した新戦略思想の通称。テロリストおよび大量破壊兵器を拡散させかねない「ならず者国家」に対し、必要に応じて自衛権を根拠とした先制攻撃を行い得るというもの。時のアメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュが「世界はアメリカ側につくのか、 テロ側につくかのいずれかだ」と叫んだことが、その性格を端的に表している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1083113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1435 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56934326 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブッシュ・ドクトリン(Bush Doctrine)とは、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件を受けて登場した新戦略思想の通称。テロリストおよび大量破壊兵器を拡散させかねない「ならず者国家」に対し、必要に応じて自衛権を根拠とした先制攻撃を行い得るというもの。時のアメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュが「世界はアメリカ側につくのか、 テロ側につくかのいずれかだ」と叫んだことが、その性格を端的に表している。
rdfs:label
  • ブッシュ・ドクトリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of