Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブジャーネ族(ウクライナ語: Бужани、ベラルーシ語: Бужане、ロシア語: Бужане)はブク川(西ブーフ川)上流域に居住していた9世紀の東スラヴ民族の中の一部族である。ブジャーネ族の名は居住地域のブク川に由来する。11世紀末のブジャーネ族はヴォルィニャーネ族とも呼ばれており、また何人かの研究者は、ブジャーネ族とヴォルィニャーネ族かかつてドゥレーブィ族と呼ばれていたと考えている。ブジャーネ族は『原初年代記』の中において、スラヴ語派の言語を話す部族の1つとして列挙されている。230の都市(要塞)を有し、中心都市はブシクだった。キエフ大公国の中に組み込まれた後の、10世紀のブジャーネ族は独自性を失い、以降の史料の中にブジャーネ族の詳細を記録したものはない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2864160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1007 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58145020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブジャーネ族(ウクライナ語: Бужани、ベラルーシ語: Бужане、ロシア語: Бужане)はブク川(西ブーフ川)上流域に居住していた9世紀の東スラヴ民族の中の一部族である。ブジャーネ族の名は居住地域のブク川に由来する。11世紀末のブジャーネ族はヴォルィニャーネ族とも呼ばれており、また何人かの研究者は、ブジャーネ族とヴォルィニャーネ族かかつてドゥレーブィ族と呼ばれていたと考えている。ブジャーネ族は『原初年代記』の中において、スラヴ語派の言語を話す部族の1つとして列挙されている。230の都市(要塞)を有し、中心都市はブシクだった。キエフ大公国の中に組み込まれた後の、10世紀のブジャーネ族は独自性を失い、以降の史料の中にブジャーネ族の詳細を記録したものはない。
rdfs:label
  • ブジャーネ族
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of