Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ブコビナ(ウクライナ語:Буковина、ブコヴィナ、ルーマニア語:Bucovina、ブコヴィナ)はウクライナ、ルーマニアの歴史的地名である。カルパティア山脈とドニエストル川に挟まれた地帯一帯を指す地理名称。「ブナの国」の意味で、北部がウクライナのチェルニウツィー州、南部がルーマニアのスチャヴァ県及びボトシャニ県にあたる。トランシルバニア、ドナウ・デルタと共に「ヨーロッパ最後の秘境」と呼ばれ、多くの動植物が生息する地域。また、16世紀モルダビア公国時代に建設されたルーマニア正教会の修道院やフレスコ画が現在も世界遺産として残されており、観光地としても有名。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1091377 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53625837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ブコビナ(ウクライナ語:Буковина、ブコヴィナ、ルーマニア語:Bucovina、ブコヴィナ)はウクライナ、ルーマニアの歴史的地名である。カルパティア山脈とドニエストル川に挟まれた地帯一帯を指す地理名称。「ブナの国」の意味で、北部がウクライナのチェルニウツィー州、南部がルーマニアのスチャヴァ県及びボトシャニ県にあたる。トランシルバニア、ドナウ・デルタと共に「ヨーロッパ最後の秘境」と呼ばれ、多くの動植物が生息する地域。また、16世紀モルダビア公国時代に建設されたルーマニア正教会の修道院やフレスコ画が現在も世界遺産として残されており、観光地としても有名。
rdfs:label
  • ブコビナ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:placeofbirth of
is foaf:primaryTopic of