Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フーシャングは、ペルシアの叙事詩『シャー・ナーメ』に登場する、古代イランの第2代目の王である。初代イラン王カユーマルスの王子であるスィヤーマクの子。タフムーラスの父。フーシャングの父スィヤーマクはアフリーマンの息子が率いる軍勢との戦いで殺される。そのためフーシャングは祖父のカユーマルス王によって育てられた。フーシャングは成長すると王の宰相を務めた。また戦争で父の仇を討ち、それを見届けた王が世を去った後に王位を継いだ。彼はその後40年間在位し、その間に冶金術を発明して鉄の農具を作り、灌漑を整備した。またサデの火祭を創始し、家畜や毛皮の利用を広めた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1171657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47803079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フーシャングは、ペルシアの叙事詩『シャー・ナーメ』に登場する、古代イランの第2代目の王である。初代イラン王カユーマルスの王子であるスィヤーマクの子。タフムーラスの父。フーシャングの父スィヤーマクはアフリーマンの息子が率いる軍勢との戦いで殺される。そのためフーシャングは祖父のカユーマルス王によって育てられた。フーシャングは成長すると王の宰相を務めた。また戦争で父の仇を討ち、それを見届けた王が世を去った後に王位を継いだ。彼はその後40年間在位し、その間に冶金術を発明して鉄の農具を作り、灌漑を整備した。またサデの火祭を創始し、家畜や毛皮の利用を広めた。
rdfs:label
  • フーシャング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of