Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フーシまたはフシ(アラビア語: حوثیون‎、英語: Houthis)は、イエメン北部サアダ州から発展し、北部を拠点に活動するイスラム教シーア派の一派ザイド派の武装組織である。1990年代にイエメン北部を基盤とするザイード派宗教運動「信仰する若者」が発展し、フセイン・バドルッディーン・フーシ師が中核となるが、2004年9月に治安当局により殺害され、「フーシ派」と呼ばれるようになる。正式名称は「アンサール・アッラー」(神の支持者)である。現指導者はフセインの異母弟であるアブドルマリク・アル・フーシ(1982年生まれ)。2004年から2010年までイエメン軍と断続的に戦闘を繰り返す。2011年イエメン騒乱に乗じ、サーダを占領して拠点とする。2013年から南部に勢力を伸ばし、2014年9月首都サヌアに侵攻、以来権限拡大を進めてきた。2015年1月、イエメンの大統領アブド・ラッボ・マンスール・ハーディーが辞意を表明したことを受けて、政府の実権を完全に掌握、事実上のクーデターを遂げた。スローガンは「神は偉大なり。アメリカに死を。イスラエルに死を。ユダヤ教徒に呪いを。イスラムに勝利を」であり、イランとの連携もあってイスラエルに恐怖感を与えている。国営サバ通信(アラビア語: وكالة الأنباء اليمنية‎、英語: Saba News Agency)によると、フーシは2月6日、議会を強制的に解散。スンナ派の政党やハーディー前政権の幹部も立ち会う中、「憲法宣言」を発表した。発表された内容は、(1)暫定統治機構として5人からなる大統領評議会を発足させ最長2年間にわたる統治を始める(2)議会に代わる立法機関として、551人で作る暫定国民評議会を設立する(3)大統領評議会構成員候補は、フーシの同意を条件に暫定国民評議会で選ばれる(4)内閣を新たに発足させる(5)現行憲法は「憲法宣言」と矛盾しない範囲で維持される、などとなっている。サヌアを含めた北部・中部を実効支配しているが、南部・東部のスンナ派部族はフーシへの反発を強めており、アラビア半島のアルカーイダやISILはフーシへの抗戦や殲滅を呼びかけている。イスラム世界のスンナ派諸国も反発を強めており、サウジアラビアなどのスンナ派諸国の連合軍は国連憲章に基づく自衛権を理由にイエメンへの軍事介入を開始し、スンナ派諸国が多数を占めるアラブ連盟とイスラム協力機構の他、トルコなどの非アラブのスンナ派イスラム諸国も軍事作戦の支持を表明した。支配地域の拡大には、アリー・アブドッラー・サーレハ前大統領とイランの協力があるといわれており、首都サヌアではイランの輸送機が頻繁に見られる。2015年3月2日、第3の都市タイズの支配を固めた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3125883 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4597 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57468664 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フーシまたはフシ(アラビア語: حوثیون‎、英語: Houthis)は、イエメン北部サアダ州から発展し、北部を拠点に活動するイスラム教シーア派の一派ザイド派の武装組織である。1990年代にイエメン北部を基盤とするザイード派宗教運動「信仰する若者」が発展し、フセイン・バドルッディーン・フーシ師が中核となるが、2004年9月に治安当局により殺害され、「フーシ派」と呼ばれるようになる。正式名称は「アンサール・アッラー」(神の支持者)である。現指導者はフセインの異母弟であるアブドルマリク・アル・フーシ(1982年生まれ)。2004年から2010年までイエメン軍と断続的に戦闘を繰り返す。2011年イエメン騒乱に乗じ、サーダを占領して拠点とする。2013年から南部に勢力を伸ばし、2014年9月首都サヌアに侵攻、以来権限拡大を進めてきた。2015年1月、イエメンの大統領アブド・ラッボ・マンスール・ハーディーが辞意を表明したことを受けて、政府の実権を完全に掌握、事実上のクーデターを遂げた。スローガンは「神は偉大なり。アメリカに死を。イスラエルに死を。ユダヤ教徒に呪いを。イスラムに勝利を」であり、イランとの連携もあってイスラエルに恐怖感を与えている。国営サバ通信(アラビア語: وكالة الأنباء اليمنية‎、英語: Saba News Agency)によると、フーシは2月6日、議会を強制的に解散。スンナ派の政党やハーディー前政権の幹部も立ち会う中、「憲法宣言」を発表した。発表された内容は、(1)暫定統治機構として5人からなる大統領評議会を発足させ最長2年間にわたる統治を始める(2)議会に代わる立法機関として、551人で作る暫定国民評議会を設立する(3)大統領評議会構成員候補は、フーシの同意を条件に暫定国民評議会で選ばれる(4)内閣を新たに発足させる(5)現行憲法は「憲法宣言」と矛盾しない範囲で維持される、などとなっている。サヌアを含めた北部・中部を実効支配しているが、南部・東部のスンナ派部族はフーシへの反発を強めており、アラビア半島のアルカーイダやISILはフーシへの抗戦や殲滅を呼びかけている。イスラム世界のスンナ派諸国も反発を強めており、サウジアラビアなどのスンナ派諸国の連合軍は国連憲章に基づく自衛権を理由にイエメンへの軍事介入を開始し、スンナ派諸国が多数を占めるアラブ連盟とイスラム協力機構の他、トルコなどの非アラブのスンナ派イスラム諸国も軍事作戦の支持を表明した。支配地域の拡大には、アリー・アブドッラー・サーレハ前大統領とイランの協力があるといわれており、首都サヌアではイランの輸送機が頻繁に見られる。2015年3月2日、第3の都市タイズの支配を固めた。
rdfs:label
  • フーシ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:opponents of
is foaf:primaryTopic of