Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 数学においてフロー(英: flow)は、流体における粒子の動きの概念を定式化したものである。工学や物理学を含む自然科学の分野に普遍的に現れるものとなっている。またその概念は、常微分方程式の研究において基本的なものとなっている。直感的に、フローはある点の時間についての連続的な動きを表すものと見なすことが出来る。より正式に、フローはある集合上の実数に関する群作用である。ベクトルフロー、すなわちベクトル場によって決定されるフローの概念は、微分位相幾何学やリーマン幾何学、リー群の分野に現れる。ベクトルフローの具体例として、測地フローやハミルトンフロー、リッチフロー、平均曲率フロー、アノソフフローが挙げられる。フローはまた、確率変数や確率過程のシステムに対して定義されることもあり、エルゴード力学系の研究に現れる。それらの内で最も有名なものは、ベルヌーイフローであるかも知れない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3100339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57469645 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • D.V. Anosov
prop-ja:id
  • 33673 (xsd:integer)
  • S/s086270
  • c/c025630
  • m/m063190
prop-ja:title
  • Flow
  • Continuous flow
  • Measureable flow
  • Special flow
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 数学においてフロー(英: flow)は、流体における粒子の動きの概念を定式化したものである。工学や物理学を含む自然科学の分野に普遍的に現れるものとなっている。またその概念は、常微分方程式の研究において基本的なものとなっている。直感的に、フローはある点の時間についての連続的な動きを表すものと見なすことが出来る。より正式に、フローはある集合上の実数に関する群作用である。ベクトルフロー、すなわちベクトル場によって決定されるフローの概念は、微分位相幾何学やリーマン幾何学、リー群の分野に現れる。ベクトルフローの具体例として、測地フローやハミルトンフロー、リッチフロー、平均曲率フロー、アノソフフローが挙げられる。フローはまた、確率変数や確率過程のシステムに対して定義されることもあり、エルゴード力学系の研究に現れる。それらの内で最も有名なものは、ベルヌーイフローであるかも知れない。
rdfs:label
  • フロー (数学)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of