Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フレンチ・ハウス(French house)は、多くのフランス人アーティストによって作られるハウス音楽、1990年代後半2000年代のヨーロッパのダンス音楽シーンの人気の要素とユーロ・ディスコの形の包括的な呼称である。フランス本国ではフレンチ・タッチ(French touch)と呼ばれている。このジャンルは、長年にわたって「ヌー・ディスコ」(ハウスではない「ヌー・ディスコ」Nu-discoの復興とは別のニュー・ディスコ)、「フレンチ・タッチ」、「フィルタ・ハウス」と「テックファンク」とも呼ばれた。サウンドの定義されている特徴は、オーディオ・フィルターや1970年代後半と1980年代前半のアメリカやヨーロッパのディスコの楽曲(又はそのようなサンプルからの影響を強く受ける原型のフック (音楽))からサンプリングと一緒にフェイザーに対する重い信頼で成り立っている。このジャンルで成功した著名な制作者にはダフト・パンク、カッシアスやエティエンヌ・ドゥ・クレシーがいる。この流派の殆どの楽曲の特徴は四分の四拍子で110から130までのBPMである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2841262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52405457 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • silver
prop-ja:color
  • black
prop-ja:culturalOrigins
  • ヨーロッパやアメリカ合衆国で1970年代後半から1990年代
prop-ja:instruments
prop-ja:name
  • French house
prop-ja:otherTopics
prop-ja:popularity
  • 1990 (xsd:integer)
prop-ja:stylisticOrigins
prop-ja:subgenres
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フレンチ・ハウス(French house)は、多くのフランス人アーティストによって作られるハウス音楽、1990年代後半2000年代のヨーロッパのダンス音楽シーンの人気の要素とユーロ・ディスコの形の包括的な呼称である。フランス本国ではフレンチ・タッチ(French touch)と呼ばれている。このジャンルは、長年にわたって「ヌー・ディスコ」(ハウスではない「ヌー・ディスコ」Nu-discoの復興とは別のニュー・ディスコ)、「フレンチ・タッチ」、「フィルタ・ハウス」と「テックファンク」とも呼ばれた。サウンドの定義されている特徴は、オーディオ・フィルターや1970年代後半と1980年代前半のアメリカやヨーロッパのディスコの楽曲(又はそのようなサンプルからの影響を強く受ける原型のフック (音楽))からサンプリングと一緒にフェイザーに対する重い信頼で成り立っている。このジャンルで成功した著名な制作者にはダフト・パンク、カッシアスやエティエンヌ・ドゥ・クレシーがいる。この流派の殆どの楽曲の特徴は四分の四拍子で110から130までのBPMである。
rdfs:label
  • フレンチ・ハウス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:genre of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is foaf:primaryTopic of