Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フレデリクスハムンの和約(Treaty of Fredrikshamn、フィンランド語:hamina)とは、1809年9月17日にロシア帝国とスウェーデン王国との間に結ばれたフィンランド戦争の講和条約。この条約でスウェーデンは、ロシアにフィンランド全土とオーランド諸島の割譲を認めることとなった。なお、1807年に結ばれたティルジットの和約において、フランス皇帝ナポレオン1世はロシア皇帝アレクサンドル1世に(ロシアがスウェーデンを大陸封鎖令に参加させるのと引き換えで)「フィンランド自由処分」を認めていた。またこの条約によって、現在にまで至るスウェーデンとフィンランドの国境線が確定した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1962081 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1806 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54858926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • ふれてりくすはむん_世界史
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フレデリクスハムンの和約(Treaty of Fredrikshamn、フィンランド語:hamina)とは、1809年9月17日にロシア帝国とスウェーデン王国との間に結ばれたフィンランド戦争の講和条約。この条約でスウェーデンは、ロシアにフィンランド全土とオーランド諸島の割譲を認めることとなった。なお、1807年に結ばれたティルジットの和約において、フランス皇帝ナポレオン1世はロシア皇帝アレクサンドル1世に(ロシアがスウェーデンを大陸封鎖令に参加させるのと引き換えで)「フィンランド自由処分」を認めていた。またこの条約によって、現在にまで至るスウェーデンとフィンランドの国境線が確定した。
rdfs:label
  • フレデリクスハムンの和約
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of