Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フレッド・ジャクソン・ジュニア(Fred Jackson, Jr., *1945年? – )はアメリカ合衆国のサクソフォン奏者ならびにフルート奏者。単にフレッド・ジャクソン(Fred Jackson)と呼ばれることもある。フュージョンの分野で活躍し、主にサイドマンとしてアルト・サクソフォンとテナー・サクソフォンを担当して、ボビー・ハッチャーソンやホレス・シルヴァー、ジミー・スミス、ソロモン・バーク、アース・ウィンド&ファイアーらのアルバムの録音に起用された。 兵役を解かれた後の1967年から1968年まで、レイ・チャールズの許で演奏した。カリフォルニア芸術大学(California Institute of the Arts)に学んだ後、1971年にボビー・ハッチャーソンのバンドに加わり、アルバム『ヘッド・オン(Head On)』の録音にも関わった。フランク・ザッパの『グランド・ワズー(The Grand Wazoo)』の録音にも起用されている。1975年にはホレス・シルヴァーのビッグバンドでも演奏した。その後30年にわたってスタジオ・ミュージシャンとしての職務を優先させ、キャロル・キングやジョン・メイオール、マリア・マルダー、ビル・コスビー、ライ・クーダー、ジョー・サンプル、ウィスパーズ、ソロモン・バーク、ダイアン・シューアらの録音に活躍している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2003734 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53767781 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フレッド・ジャクソン・ジュニア(Fred Jackson, Jr., *1945年? – )はアメリカ合衆国のサクソフォン奏者ならびにフルート奏者。単にフレッド・ジャクソン(Fred Jackson)と呼ばれることもある。フュージョンの分野で活躍し、主にサイドマンとしてアルト・サクソフォンとテナー・サクソフォンを担当して、ボビー・ハッチャーソンやホレス・シルヴァー、ジミー・スミス、ソロモン・バーク、アース・ウィンド&ファイアーらのアルバムの録音に起用された。 兵役を解かれた後の1967年から1968年まで、レイ・チャールズの許で演奏した。カリフォルニア芸術大学(California Institute of the Arts)に学んだ後、1971年にボビー・ハッチャーソンのバンドに加わり、アルバム『ヘッド・オン(Head On)』の録音にも関わった。フランク・ザッパの『グランド・ワズー(The Grand Wazoo)』の録音にも起用されている。1975年にはホレス・シルヴァーのビッグバンドでも演奏した。その後30年にわたってスタジオ・ミュージシャンとしての職務を優先させ、キャロル・キングやジョン・メイオール、マリア・マルダー、ビル・コスビー、ライ・クーダー、ジョー・サンプル、ウィスパーズ、ソロモン・バーク、ダイアン・シューアらの録音に活躍している。
rdfs:label
  • フレッド・ジャクソン・ジュニア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of