Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フルクトース-6-リン酸(フルクトース-6-リンさん、Fructose 6-phosphate、F6P)とは、6位の炭素がリン酸化したフルクトース分子のことである。β-D型の分子は細胞中に多量に存在する。細胞に取り込まれたグルコースとフルクトースの大部分はこの形に変換される。別名のノイベルグエステルは、ドイツの生化学者カール・ノイベルグにちなんでいる。
dbpedia-owl:casNumber
  • 643-13-0
dbpedia-owl:iupacName
  • [(2R,3R,4S)-3,4,5-トリヒドロキシ-5-](ヒドロキシメチル)オキソラン-2-イル]メトキシホスホン酸
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1266443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47382406 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 643 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • [-3,4,5-トリヒドロキシ-5-]オキソラン-2-イル]メトキシホスホン酸
prop-ja:name
  • フルクトース-6-リン酸
prop-ja:smiles
  • O1CCCC1COP=O
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C6H13O9P
prop-ja:分子量
  • 262.153500 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • ノイベルグエステル
prop-ja:構造式
  • 162 (xsd:integer)
prop-ja:融点注
  • 分解点
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • フルクトース-6-リン酸(フルクトース-6-リンさん、Fructose 6-phosphate、F6P)とは、6位の炭素がリン酸化したフルクトース分子のことである。β-D型の分子は細胞中に多量に存在する。細胞に取り込まれたグルコースとフルクトースの大部分はこの形に変換される。別名のノイベルグエステルは、ドイツの生化学者カール・ノイベルグにちなんでいる。
rdfs:label
  • フルクトース-6-リン酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ノイベルグエステル
  • フルクトース-6-リン酸
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of