Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フルオロカーボン (fluorocarbon) とは、炭素-フッ素結合を持つ有機化合物の総称。化学反応がおきにくく、温度を変化させても安定である。炭化水素の水素原子を全てフッ素原子で置き換えたものはパーフルオロカーボンと呼ばれる。冷蔵庫やエアコンの冷媒や、精密電子部品の洗浄剤などに用いられる。フルオロカーボンの2008年度日本国内生産量は 98,099 t、工業消費量は 48,343 t である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 26942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 592 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50197972 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フルオロカーボン (fluorocarbon) とは、炭素-フッ素結合を持つ有機化合物の総称。化学反応がおきにくく、温度を変化させても安定である。炭化水素の水素原子を全てフッ素原子で置き換えたものはパーフルオロカーボンと呼ばれる。冷蔵庫やエアコンの冷媒や、精密電子部品の洗浄剤などに用いられる。フルオロカーボンの2008年度日本国内生産量は 98,099 t、工業消費量は 48,343 t である。
rdfs:label
  • フルオロカーボン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of