Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フルオラスケミストリー (fluorous chemistry) とは有機化学の分野のひとつで、アルカンやアルキル基が持つ全ての水素がフッ素に置き換わったペルフルオロアルカンやペルフルオロアルキル基を溶媒、触媒、あるいは置換基(タグ)などとして用い、それらフルオラス化合物同士の親和性や他の溶媒に対する疎溶媒性を特徴的な抽出・精製法、合成法へと応用する化学である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1213187 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1831 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49728670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フルオラスケミストリー (fluorous chemistry) とは有機化学の分野のひとつで、アルカンやアルキル基が持つ全ての水素がフッ素に置き換わったペルフルオロアルカンやペルフルオロアルキル基を溶媒、触媒、あるいは置換基(タグ)などとして用い、それらフルオラス化合物同士の親和性や他の溶媒に対する疎溶媒性を特徴的な抽出・精製法、合成法へと応用する化学である。
rdfs:label
  • フルオラスケミストリー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of