Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フリードリヒ1世(Friedrich I., 1425年8月1日 - 1476年12月12日)は、プファルツ選帝侯(在位:1451年 - 1476年)。ルートヴィヒ3世と2番目の妃メヒティルド(マティルデ)の子。兄ルートヴィヒ4世の死後、甥フィリップの管財人としてプファルツ選帝侯領を治めた。これは不法な行為であったが、フリードリヒは有能な策士で、バイエルン公ルートヴィヒ9世と同盟しており、神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世も追放できなかった。1462年、バーデン辺境伯カール1世とヴュルテンベルク伯ウルリヒ5世と激突して勝利、領土を一部獲得した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 935389 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1210 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46838547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フリードリヒ1世(Friedrich I., 1425年8月1日 - 1476年12月12日)は、プファルツ選帝侯(在位:1451年 - 1476年)。ルートヴィヒ3世と2番目の妃メヒティルド(マティルデ)の子。兄ルートヴィヒ4世の死後、甥フィリップの管財人としてプファルツ選帝侯領を治めた。これは不法な行為であったが、フリードリヒは有能な策士で、バイエルン公ルートヴィヒ9世と同盟しており、神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世も追放できなかった。1462年、バーデン辺境伯カール1世とヴュルテンベルク伯ウルリヒ5世と激突して勝利、領土を一部獲得した。
rdfs:label
  • フリードリヒ1世 (プファルツ選帝侯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of