Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フリースラント級駆逐艦(オランダ語: Friesland klasse Onderzeebootjager、47B型駆逐艦)は、オランダ海軍の駆逐艦。オランダ海軍は、第二次世界大戦後、国産戦闘艦の第1陣としてホラント級駆逐艦12隻の取得を計画したが、後期建造分8隻は、より大型の船体と強力な機関を搭載するよう設計変更されて完成することとなった。この後期建造分として建造されたのが本級であり、ホラント級が47A型と称されていたのに対して47B型と称される。主機関は、アメリカ海軍のギアリング級駆逐艦に範をとったものとされており、公試において最大速力42ノットを記録している。砲熕兵器は、ホラント級と同様にスウェーデンのボフォース社によって供給されており、主砲はホラント級と同数であるが、対空機関砲は強化されている。ただし機関砲は、後に2門が撤去された。オーファーアイセルとユトレヒトには、魚雷発射管8門を1960年から翌年にかけて追加されたが、これも撤去されている。対潜迫撃砲は、より大口径で強力なM/50 375mm対潜ロケット砲に変更された。本級は、戦時急造艦として配備されていたS級駆逐艦及びN級駆逐艦を代替して、ホラント級とともに、冷戦期初期において艦隊の主力を担った。しかし戦後第1世代の駆逐艦であることから船体の老朽化・装備の陳腐化が進んだため、ホラント級とともに一括してコルテノール級フリゲートによって更新され、1982年までに運用を終了した。ネームシップ以外の7隻は、退役後ペルー海軍に売却されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 752250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4337 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54352039 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フリースラント級駆逐艦(オランダ語: Friesland klasse Onderzeebootjager、47B型駆逐艦)は、オランダ海軍の駆逐艦。オランダ海軍は、第二次世界大戦後、国産戦闘艦の第1陣としてホラント級駆逐艦12隻の取得を計画したが、後期建造分8隻は、より大型の船体と強力な機関を搭載するよう設計変更されて完成することとなった。この後期建造分として建造されたのが本級であり、ホラント級が47A型と称されていたのに対して47B型と称される。主機関は、アメリカ海軍のギアリング級駆逐艦に範をとったものとされており、公試において最大速力42ノットを記録している。砲熕兵器は、ホラント級と同様にスウェーデンのボフォース社によって供給されており、主砲はホラント級と同数であるが、対空機関砲は強化されている。ただし機関砲は、後に2門が撤去された。オーファーアイセルとユトレヒトには、魚雷発射管8門を1960年から翌年にかけて追加されたが、これも撤去されている。対潜迫撃砲は、より大口径で強力なM/50 375mm対潜ロケット砲に変更された。本級は、戦時急造艦として配備されていたS級駆逐艦及びN級駆逐艦を代替して、ホラント級とともに、冷戦期初期において艦隊の主力を担った。しかし戦後第1世代の駆逐艦であることから船体の老朽化・装備の陳腐化が進んだため、ホラント級とともに一括してコルテノール級フリゲートによって更新され、1982年までに運用を終了した。ネームシップ以外の7隻は、退役後ペルー海軍に売却されている。
rdfs:label
  • フリースラント級駆逐艦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:次級 of
is foaf:primaryTopic of