Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フリーコンテント (Free content) はオープンコンテントと類似した概念。ソフトウェア以外の、自由にライセンスされた作品に対して使われ、フリーソフトウェアと同じ自由の意味をもつ。簡単に言うと、受け取り人は内容をどんな目的でも使う許可が与えられ、複製や変更、変更された版の再配布が認められる。フリーソフトウェアのライセンスの様に、フリーコンテントのライセンスはコピーレフトであることも出来るし、非コピーレフトであることも出来る。コピーレフトとは変更した作品の再配布は、変更前のものと同じ自由なライセンスの元でのみ認められるというものである。デザイン・科学ライセンス (DSL) と GNUフリー文書ライセンス (GFDL) は、フリーコンテントのライセンスの例であり、FreeBSD文書ライセンス は、非コピーレフトライセンスの例である。GFDLはウィキペディアの内容に対しても使われている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 4386 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 714 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46548912 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フリーコンテント (Free content) はオープンコンテントと類似した概念。ソフトウェア以外の、自由にライセンスされた作品に対して使われ、フリーソフトウェアと同じ自由の意味をもつ。簡単に言うと、受け取り人は内容をどんな目的でも使う許可が与えられ、複製や変更、変更された版の再配布が認められる。フリーソフトウェアのライセンスの様に、フリーコンテントのライセンスはコピーレフトであることも出来るし、非コピーレフトであることも出来る。コピーレフトとは変更した作品の再配布は、変更前のものと同じ自由なライセンスの元でのみ認められるというものである。デザイン・科学ライセンス (DSL) と GNUフリー文書ライセンス (GFDL) は、フリーコンテントのライセンスの例であり、FreeBSD文書ライセンス は、非コピーレフトライセンスの例である。GFDLはウィキペディアの内容に対しても使われている。
rdfs:label
  • フリーコンテント
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of