Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フリーゲンダー・ハンブルガー (Fliegender Hamburger)は、第二次世界大戦前のドイツの特急列車に使用された流線形気動車(DRG Baureihe SVT877)の愛称である。あるいは、その車両によって運用された、ベルリン - ハンブルク間の列車を意味することもある。英語圏では "Flying Hamburger"(フライング・ハンバーガー)、日本語では「空飛ぶハンブルク人」号と呼ばれることもある。第二次世界大戦前において、営業運転を行った列車としては、駅間平均速度ベースで、世界で最も速い列車として知られた。この列車の登場以降、ドイツ国内を縦横に結ぶ高速列車網が構築された。本稿では「フリーゲンダー・ハンブルガー」以外にも、そこから派生した、当時のドイツの高速列車とその車両に関しても記述する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1132130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58387534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フリーゲンダー・ハンブルガー (Fliegender Hamburger)は、第二次世界大戦前のドイツの特急列車に使用された流線形気動車(DRG Baureihe SVT877)の愛称である。あるいは、その車両によって運用された、ベルリン - ハンブルク間の列車を意味することもある。英語圏では "Flying Hamburger"(フライング・ハンバーガー)、日本語では「空飛ぶハンブルク人」号と呼ばれることもある。第二次世界大戦前において、営業運転を行った列車としては、駅間平均速度ベースで、世界で最も速い列車として知られた。この列車の登場以降、ドイツ国内を縦横に結ぶ高速列車網が構築された。本稿では「フリーゲンダー・ハンブルガー」以外にも、そこから派生した、当時のドイツの高速列車とその車両に関しても記述する。
rdfs:label
  • フリーゲンダー・ハンブルガー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of