Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フリッツラー (Fritzlar) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州北部のシュヴァルム=エーダー郡に属す小都市で、同郡の経済的中心地である。この街は、ドイツ中部および北部のキリスト教化(723年の聖ボニファティウスによるドナーアイヒェの伐採)ならびに中世の神聖ローマ帝国(919年の帝国会議でハインリヒ1世がドイツ王に選出された)の起点となった聖堂と皇帝の街である。フリッツラーの名前は元々は「平和の街」を意味する Friedeslar に由来する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2495512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 31207 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57350736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フリッツラー (Fritzlar) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州北部のシュヴァルム=エーダー郡に属す小都市で、同郡の経済的中心地である。この街は、ドイツ中部および北部のキリスト教化(723年の聖ボニファティウスによるドナーアイヒェの伐採)ならびに中世の神聖ローマ帝国(919年の帝国会議でハインリヒ1世がドイツ王に選出された)の起点となった聖堂と皇帝の街である。フリッツラーの名前は元々は「平和の街」を意味する Friedeslar に由来する。
rdfs:label
  • フリッツラー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of