Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フリスチナ・ウラジミルスカヤ(ロシア語: Христина Владимирская、1219年頃 - 1238年)は13世紀前半のウラジーミル大公国の公女である。同国の公子ウラジーミル(ru)(ウラジーミル大公ユーリーの子)の妻となったが、1238年のモンゴルのルーシ侵攻によるウラジーミル陥落(ru)の際に死亡した。フリスチナは正教の聖人(Благоверная(ru))とされているが、信頼に足る肖像画やイコン、またアカフィクト(ru)(Акафист / 賛美歌)、聖人伝(Житие(ru))などは残されていない。帝政ロシアの歴史家ヴァシリー・タチシチェフ(ru)は、別の伝説的な同国の公女マリヤ・ウラジミルスカヤと同様に、フリスチナの存在を否定している。さらにタチシチェフは、ウラジーミル大公ユーリーは1236年に、息子のウラジーミルをムスチスラヴナという女性と結婚させたとしており、ニコライ・カラムジン、セルゲイ・ソロヴヨフ(ru)ら帝政ロシア期の歴史家の著作の中にも、ムスチスラヴナ・ウラジミルスカヤという名が見出される。いずれにせよ、モンゴル帝国軍によって殺害された公妃が、フリスチナという名で、正教会により1645年に致命女として聖ウラジーミル大聖堂(ru)の聖列に加えられた。その記憶日はユリウス暦の6月23日(グレゴリオ暦の7月6日)と定められている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3075397 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53241511 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フリスチナ・ウラジミルスカヤ(ロシア語: Христина Владимирская、1219年頃 - 1238年)は13世紀前半のウラジーミル大公国の公女である。同国の公子ウラジーミル(ru)(ウラジーミル大公ユーリーの子)の妻となったが、1238年のモンゴルのルーシ侵攻によるウラジーミル陥落(ru)の際に死亡した。フリスチナは正教の聖人(Благоверная(ru))とされているが、信頼に足る肖像画やイコン、またアカフィクト(ru)(Акафист / 賛美歌)、聖人伝(Житие(ru))などは残されていない。帝政ロシアの歴史家ヴァシリー・タチシチェフ(ru)は、別の伝説的な同国の公女マリヤ・ウラジミルスカヤと同様に、フリスチナの存在を否定している。さらにタチシチェフは、ウラジーミル大公ユーリーは1236年に、息子のウラジーミルをムスチスラヴナという女性と結婚させたとしており、ニコライ・カラムジン、セルゲイ・ソロヴヨフ(ru)ら帝政ロシア期の歴史家の著作の中にも、ムスチスラヴナ・ウラジミルスカヤという名が見出される。いずれにせよ、モンゴル帝国軍によって殺害された公妃が、フリスチナという名で、正教会により1645年に致命女として聖ウラジーミル大聖堂(ru)の聖列に加えられた。その記憶日はユリウス暦の6月23日(グレゴリオ暦の7月6日)と定められている。
rdfs:label
  • フリスチナ・ウラジミルスカヤ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of