Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランドル地方とレース(フランドルちほうとレース)では、フランドル地方の繁栄がレース産業に及ぼした影響と、1839年のベルギー王国成立後のベルギーにおけるレースについて述べる。フランドルは、現在のオランダ南部、ベルギー西部、フランス北部にかけての地域であり、イタリアのヴェネツィアと共に、レース創造の地として有名である。なお、ベルギーでは、基本的にレースとは何本かの糸を針あるいはボビンを使って組み合わせたものをさす。かぎ針編み、タティングレース、フィレレース、チュール刺繍、アジュール刺繍などは、原則的にレースに含まない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1039647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55799120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランドル地方とレース(フランドルちほうとレース)では、フランドル地方の繁栄がレース産業に及ぼした影響と、1839年のベルギー王国成立後のベルギーにおけるレースについて述べる。フランドルは、現在のオランダ南部、ベルギー西部、フランス北部にかけての地域であり、イタリアのヴェネツィアと共に、レース創造の地として有名である。なお、ベルギーでは、基本的にレースとは何本かの糸を針あるいはボビンを使って組み合わせたものをさす。かぎ針編み、タティングレース、フィレレース、チュール刺繍、アジュール刺繍などは、原則的にレースに含まない。
rdfs:label
  • フランドル地方とレース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of