Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランツ・ヴィルヘルム・フォン・プロイセン(Franz Wilhelm von Preußen, 1943年9月3日 - )は、プロイセン王国の王族の子孫。全名はフランツ・ヴィルヘルム・ヴィクトル・クリストフ・シュテファン(Franz Wilhelm Victor Christoph Stephan)。プロイセン王子カール・フランツ・ヨーゼフの長男で、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の曾孫の一人。1976年から1986年の間はロシア大公女マリヤ・ヴラジーミロヴナと結婚していたため、ロシア語名のミハイル・パヴロヴィチ大公として知られていた。1943年9月3日、カール・フランツ・ヨーゼフとその最初の妻であったヘンリエッテ・フォン・シェーナイヒ=カロラート(Henriette von Schönaich-Carolath, 1918年 - 1972年)の間に第一子としてシュレージエンのグリュンベルク(現ポーランド・ルブシュ県ジェロナ・グラ)で生まれた。双子の兄であったが、弟のフリードリヒ・クリスティアンとは23日後に死別している。フランツ・ヴィルヘルムはマインツとフランクフルト・アム・マインで法学と経営学を学び、その後ドイツ国外で投資銀行や不動産開発企業に勤務した。1976年にマリヤ・ヴラジーミロヴナ大公女と結婚した。式は9月4日にマドリードで宗教婚が、9月22日にディナールで民事婚が行われた。結婚にあたってフランツ・ヴィルヘルムは正教に改宗し、マリアの父でロマノフ家の家長であったヴラジーミル・キリロヴィチ大公によってロシア大公に叙され、ミハイル・パヴロヴィチの名を与えられた。二人の間には一子が生まれたが、1986年に離婚した。2002年にフランツ・ヴィルヘルムはテオドール・タンツェン(Theodor Tantzen)とともにドイツの古い邸宅を修復する企業「プリンツ・フォン・プロイセン」を設立した。2004年には債務超過に陥る瀬戸際にあったベルリン王立磁器製陶所(KPM Berlin)に出資を行った。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1589640 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2316 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54127309 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:afternote
  • プロイセン王子
  • ロシア大公、プロイセン王子
prop-ja:before
  • アルブレヒト
  • タッシロ・フォン・トヴィンケル
prop-ja:beforenote
  • プロイセン王子
  • トヴィンケル男爵
prop-ja:orderprec
  • 9 (xsd:integer)
  • 413 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 〈名目上〉ドイツ帝位
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランツ・ヴィルヘルム・フォン・プロイセン(Franz Wilhelm von Preußen, 1943年9月3日 - )は、プロイセン王国の王族の子孫。全名はフランツ・ヴィルヘルム・ヴィクトル・クリストフ・シュテファン(Franz Wilhelm Victor Christoph Stephan)。プロイセン王子カール・フランツ・ヨーゼフの長男で、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の曾孫の一人。1976年から1986年の間はロシア大公女マリヤ・ヴラジーミロヴナと結婚していたため、ロシア語名のミハイル・パヴロヴィチ大公として知られていた。1943年9月3日、カール・フランツ・ヨーゼフとその最初の妻であったヘンリエッテ・フォン・シェーナイヒ=カロラート(Henriette von Schönaich-Carolath, 1918年 - 1972年)の間に第一子としてシュレージエンのグリュンベルク(現ポーランド・ルブシュ県ジェロナ・グラ)で生まれた。双子の兄であったが、弟のフリードリヒ・クリスティアンとは23日後に死別している。フランツ・ヴィルヘルムはマインツとフランクフルト・アム・マインで法学と経営学を学び、その後ドイツ国外で投資銀行や不動産開発企業に勤務した。1976年にマリヤ・ヴラジーミロヴナ大公女と結婚した。式は9月4日にマドリードで宗教婚が、9月22日にディナールで民事婚が行われた。結婚にあたってフランツ・ヴィルヘルムは正教に改宗し、マリアの父でロマノフ家の家長であったヴラジーミル・キリロヴィチ大公によってロシア大公に叙され、ミハイル・パヴロヴィチの名を与えられた。二人の間には一子が生まれたが、1986年に離婚した。2002年にフランツ・ヴィルヘルムはテオドール・タンツェン(Theodor Tantzen)とともにドイツの古い邸宅を修復する企業「プリンツ・フォン・プロイセン」を設立した。2004年には債務超過に陥る瀬戸際にあったベルリン王立磁器製陶所(KPM Berlin)に出資を行った。
rdfs:label
  • フランツ・ヴィルヘルム・フォン・プロイセン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of