Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランツ・ヨーゼフ2世(ドイツ語: Franz Josef II.、1906年8月16日 - 1989年11月13日)は、リヒテンシュタイン公(侯爵とも、在位:1938年7月25日 - 1989年11月13日)。アロイス2世の曾孫。1938年、フランツ1世の死去により即位。大伯父のオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が名付け親であることでも知られる。ナチス・ドイツ政権が誕生した際、リヒテンシュタイン国内でもナチズム勢力が増大していたが、フランツ・ヨーゼフ2世は君主大権を行使して総選挙を無期限延期とし、リヒテンシュタインがナチズム化するのを未然に防いだ。これにより、リヒテンシュタインは第二次世界大戦において中立を維持した。また、1938年に公領の首都ファドゥーツに居を移し、以来リヒテンシュタイン公はファドゥーツに住まうこととなる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 367548 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58770839 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • フランツ・ヨーゼフ2世
prop-ja:全名
  • フランツ・ヨーゼフ・マリア・アロイス・アルフレート・カール・ヨハネス・ハインリヒ・ミヒャエル・ゲオルク・イグナツ・ベネディクトゥス・ゲルハルドゥス・マイェラ
prop-ja:出生日
  • 1906-08-16 (xsd:date)
prop-ja:君主号
  • リヒテンシュタイン公
prop-ja:在位
  • --07-25
prop-ja:埋葬日
prop-ja:子女
prop-ja:宗教
  • キリスト教カトリック教会
prop-ja:死亡日
  • 1989-11-13 (xsd:date)
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • 、グラブス
prop-ja:父親
prop-ja:王家
prop-ja:生地
  • 、シュタイアーマルク、ドイチュランツベルク、フラウエンタール城
prop-ja:画像
  • Fürst Franz Josef II..jpg
prop-ja:画像説明
  • フランツ・ヨーゼフ2世
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランツ・ヨーゼフ2世(ドイツ語: Franz Josef II.、1906年8月16日 - 1989年11月13日)は、リヒテンシュタイン公(侯爵とも、在位:1938年7月25日 - 1989年11月13日)。アロイス2世の曾孫。1938年、フランツ1世の死去により即位。大伯父のオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が名付け親であることでも知られる。ナチス・ドイツ政権が誕生した際、リヒテンシュタイン国内でもナチズム勢力が増大していたが、フランツ・ヨーゼフ2世は君主大権を行使して総選挙を無期限延期とし、リヒテンシュタインがナチズム化するのを未然に防いだ。これにより、リヒテンシュタインは第二次世界大戦において中立を維持した。また、1938年に公領の首都ファドゥーツに居を移し、以来リヒテンシュタイン公はファドゥーツに住まうこととなる。
rdfs:label
  • フランツ・ヨーゼフ2世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:父親 of
is foaf:primaryTopic of