Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランツ・カール・フォン・エスターライヒ(Franz Karl von Österreich, 1802年12月7日 - 1878年3月8日)は、オーストリア帝国の皇族。オーストリア大公。神聖ローマ皇帝フランツ2世(オーストリア皇帝フランツ1世)の三男で、全名はフランツ・カール・ヨーゼフ(Franz Karl Joseph)。息子にオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世やメキシコ皇帝マクシミリアンがいる。1802年12月7日、フランツ・カールはフランツ2世とその2人目の妃であったマリア・テレジアの間に第9子としてウィーンで生まれた。政治的野心とは無縁の人物で、長兄フェルディナント1世が1848年に退位した際は帝位継承権第1位であったにもかかわらず即位を辞退し、長男のフランツ・ヨーゼフに帝位を譲っている。一方文化活動には熱心で、リンツにあるオーバーエスターライヒ州立博物館の "Francisco-Carolinum" は支援者であった彼を記念して名付けられたものである。フランツ・カールは兄や長男には及ばないものの長命で、1878年3月8日にウィーンにおいて75歳で死去した。遺骨はウィーン・カプツィーナー教会の皇帝納骨所(カイザーグルフト)に収められている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 968795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1841 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49724852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランツ・カール・フォン・エスターライヒ(Franz Karl von Österreich, 1802年12月7日 - 1878年3月8日)は、オーストリア帝国の皇族。オーストリア大公。神聖ローマ皇帝フランツ2世(オーストリア皇帝フランツ1世)の三男で、全名はフランツ・カール・ヨーゼフ(Franz Karl Joseph)。息子にオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世やメキシコ皇帝マクシミリアンがいる。1802年12月7日、フランツ・カールはフランツ2世とその2人目の妃であったマリア・テレジアの間に第9子としてウィーンで生まれた。政治的野心とは無縁の人物で、長兄フェルディナント1世が1848年に退位した際は帝位継承権第1位であったにもかかわらず即位を辞退し、長男のフランツ・ヨーゼフに帝位を譲っている。一方文化活動には熱心で、リンツにあるオーバーエスターライヒ州立博物館の "Francisco-Carolinum" は支援者であった彼を記念して名付けられたものである。フランツ・カールは兄や長男には及ばないものの長命で、1878年3月8日にウィーンにおいて75歳で死去した。遺骨はウィーン・カプツィーナー教会の皇帝納骨所(カイザーグルフト)に収められている。
rdfs:label
  • フランツ・カール・フォン・エスターライヒ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:父親 of
is foaf:primaryTopic of