Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランソワーズ・マドレーヌ・ドルレアン(Françoise Madeleine d'Orléans, 1648年10月13日 - 1664年1月14日)は、サヴォイア公カルロ・エマヌエーレ2世の最初の妃。父はフランス王ルイ13世の弟オルレアン公ガストン、母はその2番目の妃マルグリット・ド・ロレーヌ。イタリア名はフランチェスカ・マッダレーナ・ドルレアンス(Francesca Maddalena d'Orléans)。1663年にカルロ・エマヌエーレ2世と結婚した。カルロ・エマヌエーレの母クリスティーナはオルレアン公の姉であり、カルロ・エマヌエーレとフランソワーズとは従兄妹であった。結婚から1年とたたずに翌1664年、フランソワーズは子供を生むことなく早世した。カルロ・エマヌエーレは間もなくサヴォイア家傍系のマリー・ジャンヌ・ド・サヴォワ=ヌムールと再婚し、のちにサルデーニャ王となるヴィットーリオ・アメデーオ2世をもうけた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1987612 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 844 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46934704 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランソワーズ・マドレーヌ・ドルレアン(Françoise Madeleine d'Orléans, 1648年10月13日 - 1664年1月14日)は、サヴォイア公カルロ・エマヌエーレ2世の最初の妃。父はフランス王ルイ13世の弟オルレアン公ガストン、母はその2番目の妃マルグリット・ド・ロレーヌ。イタリア名はフランチェスカ・マッダレーナ・ドルレアンス(Francesca Maddalena d'Orléans)。1663年にカルロ・エマヌエーレ2世と結婚した。カルロ・エマヌエーレの母クリスティーナはオルレアン公の姉であり、カルロ・エマヌエーレとフランソワーズとは従兄妹であった。結婚から1年とたたずに翌1664年、フランソワーズは子供を生むことなく早世した。カルロ・エマヌエーレは間もなくサヴォイア家傍系のマリー・ジャンヌ・ド・サヴォワ=ヌムールと再婚し、のちにサルデーニャ王となるヴィットーリオ・アメデーオ2世をもうけた。
rdfs:label
  • フランソワーズ・マドレーヌ・ドルレアン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of