Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランソワーズ・マリー・アメリー・ドルレアン(Françoise Marie Amélie d'Orléans, duchesse de Chartres, 1844年8月14日 ヌイイ=シュル=セーヌ - 1925年10月28日 サン=フィルマン城)は、フランスのオルレアン家の王女。フランス王ルイ・フィリップの孫娘の1人。同族の従兄にあたるシャルトル公ロベールと結婚し、シャルトル公爵夫人となった。ルイ・フィリップ王の三男ジョアンヴィル公フランソワと、その妻でブラジル皇帝ペドロ1世の娘であるフランソワーズの第1子、長女として生まれた。オルレアン家は1848年の2月革命により王族の身分を失い、一族は亡命を余儀なくされた。1863年6月11日にロンドン郊外のキングストン・アポン・テムズにおいて、家長のパリ伯爵の弟であるシャルトル公と結婚し、5人の子女をもうけた。 マリー・アメリー・フランソワーズ・エレーヌ(1865年 - 1909年) - 1885年、デンマーク王子ヴァルデマーと結婚 ロベール・ルイ・フィリップ・フェルディナン・フランソワ・マリー(1866年 - 1885年) アンリ・フィリップ・マリー(1867年 - 1901年) マルグリット・ルイーズ・マリー・フランソワーズ(1869年 - 1940年) - 1896年、マジャンタ公マリー・アルマン・パトリス・ド・マクマオン(Marie Armand Patrice de Mac Mahon)と結婚 ジャン・ピエール・クレマン・マリー(1874年 - 1940年) - ギーズ公、オルレアン家家長
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2414230 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57786931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランソワーズ・マリー・アメリー・ドルレアン(Françoise Marie Amélie d'Orléans, duchesse de Chartres, 1844年8月14日 ヌイイ=シュル=セーヌ - 1925年10月28日 サン=フィルマン城)は、フランスのオルレアン家の王女。フランス王ルイ・フィリップの孫娘の1人。同族の従兄にあたるシャルトル公ロベールと結婚し、シャルトル公爵夫人となった。ルイ・フィリップ王の三男ジョアンヴィル公フランソワと、その妻でブラジル皇帝ペドロ1世の娘であるフランソワーズの第1子、長女として生まれた。オルレアン家は1848年の2月革命により王族の身分を失い、一族は亡命を余儀なくされた。1863年6月11日にロンドン郊外のキングストン・アポン・テムズにおいて、家長のパリ伯爵の弟であるシャルトル公と結婚し、5人の子女をもうけた。 マリー・アメリー・フランソワーズ・エレーヌ(1865年 - 1909年) - 1885年、デンマーク王子ヴァルデマーと結婚 ロベール・ルイ・フィリップ・フェルディナン・フランソワ・マリー(1866年 - 1885年) アンリ・フィリップ・マリー(1867年 - 1901年) マルグリット・ルイーズ・マリー・フランソワーズ(1869年 - 1940年) - 1896年、マジャンタ公マリー・アルマン・パトリス・ド・マクマオン(Marie Armand Patrice de Mac Mahon)と結婚 ジャン・ピエール・クレマン・マリー(1874年 - 1940年) - ギーズ公、オルレアン家家長
rdfs:label
  • フランソワーズ・ドルレアン (1844-1925)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of