Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランソワ・タミシエ(François Tamisier、1809年ジュラ県ロン=ル=ソーニエ生 - 1880年)は、19世紀フランスの砲兵大尉。施条砲用弾丸の改良方法を各種発明したが、特筆されるのは弾丸に溝を刻むことにより安定性を向上させたことである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2552046 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2598 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56377445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランソワ・タミシエ(François Tamisier、1809年ジュラ県ロン=ル=ソーニエ生 - 1880年)は、19世紀フランスの砲兵大尉。施条砲用弾丸の改良方法を各種発明したが、特筆されるのは弾丸に溝を刻むことにより安定性を向上させたことである。
rdfs:label
  • フランソワ・タミシエ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of