Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランソワ・ケネー(François Quesnay、1694年6月4日 - 1774年12月16日)は、フランスの医師・重農主義の経済学者。 1758年に、重農主義の考え方の基礎を提供した"Tableau economique"(『経済表』)を出版したことで知られる。これは、分析的手法で経済活動についての説明を試みる、恐らくは最初の活動であり、経済思想への最初の重要な貢献の1つと見ることができる。1718年外科医となり、1749年からは宮廷医師としてヴェルサイユ宮殿で暮らした。1752年貴族に列せられるが、50歳代で経済学の研究を志し、農業の生産力を高めることが重要であると説いた経済表を発表し、重農主義経済学の祖と仰がれた。ケネーの経済表のアプローチは、マルクスの再生産表式、ワルラスの一般均衡理論、ケインズの有効需要の原理、レオンチェフの産業連関表、ミルトン・フリードマンとアンナ・シュワルツの貨幣供給理論に受け継がれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1692471 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10197 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55951267 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
prop-ja:color
  • green
prop-ja:date
  • 2008 (xsd:integer)
  • --01-01
prop-ja:deathDate
prop-ja:imageCaption
  • フランソワ・ケネー
prop-ja:imageName
  • François Quesnay.jpg
prop-ja:name
  • フランソワ・ケネー
prop-ja:schoolTradition
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランソワ・ケネー(François Quesnay、1694年6月4日 - 1774年12月16日)は、フランスの医師・重農主義の経済学者。 1758年に、重農主義の考え方の基礎を提供した"Tableau economique"(『経済表』)を出版したことで知られる。これは、分析的手法で経済活動についての説明を試みる、恐らくは最初の活動であり、経済思想への最初の重要な貢献の1つと見ることができる。1718年外科医となり、1749年からは宮廷医師としてヴェルサイユ宮殿で暮らした。1752年貴族に列せられるが、50歳代で経済学の研究を志し、農業の生産力を高めることが重要であると説いた経済表を発表し、重農主義経済学の祖と仰がれた。ケネーの経済表のアプローチは、マルクスの再生産表式、ワルラスの一般均衡理論、ケインズの有効需要の原理、レオンチェフの産業連関表、ミルトン・フリードマンとアンナ・シュワルツの貨幣供給理論に受け継がれた。
rdfs:label
  • フランソワ・ケネー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:影響を受けた人物 of
is foaf:primaryTopic of