Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランセス・テオドラ・パーソンズ(Frances Theodora Parsons 、旧姓スミス、1861年12月5日 – 1952年6月10日)は、アメリカ合衆国の植物学者である。主著の"How to Know the Wild Flowers"の出版時はパーソンズと再婚する前であったので、前夫のウィリアム・スター・デーナ夫人(Mrs. William Starr Dana)の名前で出版した。最初の夫、ウィリアム・スター・デーナは海軍士官で1884年に結婚し、1890年に死別した。1896年にニューヨークの政治家で後に外交官となる、ジェームズ・ラッセル・パーソンズと結婚した。共和党の熱心な支持者で、セオドア・ルーズベルトが共和党から分離して作った進歩党(Progressive Party)も支持した。女性参政権運動にも参加した。植物学の分野の著作、"How to Know the Wild Flowers"は、北アメリカ最初の野生の花に対する野外調査ガイドで、人気を集め、初版は5日で売り切れた。何度も改訂し、没後も再刊されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3132487 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55793999 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランセス・テオドラ・パーソンズ(Frances Theodora Parsons 、旧姓スミス、1861年12月5日 – 1952年6月10日)は、アメリカ合衆国の植物学者である。主著の"How to Know the Wild Flowers"の出版時はパーソンズと再婚する前であったので、前夫のウィリアム・スター・デーナ夫人(Mrs. William Starr Dana)の名前で出版した。最初の夫、ウィリアム・スター・デーナは海軍士官で1884年に結婚し、1890年に死別した。1896年にニューヨークの政治家で後に外交官となる、ジェームズ・ラッセル・パーソンズと結婚した。共和党の熱心な支持者で、セオドア・ルーズベルトが共和党から分離して作った進歩党(Progressive Party)も支持した。女性参政権運動にも参加した。植物学の分野の著作、"How to Know the Wild Flowers"は、北アメリカ最初の野生の花に対する野外調査ガイドで、人気を集め、初版は5日で売り切れた。何度も改訂し、没後も再刊されている。
rdfs:label
  • フランセス・テオドラ・パーソンズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of