Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランス領テキサス(フランスりょうテキサス、英: French Texas)は、後にテキサス州となった地域の歴史の中で1685年から1689年まで存在した。この期間、現在のテキサス州アイネズ近くにフランスの植民地としてサンルイ砦があった。探検家ロベール=カブリエ・ド・ラ・サールがミシシッピ川河口に植民地を設立しようとしていたが、当時の地図の不正確さと航法上の誤りのために、船が400マイル (644 km) 西のマタゴルダ湾に近いテキサス海岸沖に錨を下ろすことになった。この植民地はその短期間しか存在しなかった間にも、敵対的インディアン、疫病および厳しい気象条件など数々の困難さに直面した。ラ・サールはその当初の任務を心に掛けて、ミシシッピ川を発見する為に何度か遠征を試みたが、結果的にはリオ・グランデ川の大半とテキサス東部の一部を探検した。ラ・サールが1686年に不在となっているときに、植民地の最後の船が難破し、植民地の人々はカリブ海にあったフランス植民地からの物資を得られなくなった。状況が悪化する中でラ・サールはイリノイ郡にあったフランス開拓地からの援助が無ければこの植民地は生き残れないと認識した。ラ・サールが1687年初期にブラゾス川へ最後の遠征を行った時、彼と隊員の中の5人が遠征隊中の競争相手によって殺された。隊員から一握りの者達がイリノイに到着したが、結局救援は来なかった。植民地に残っていた者達は1688年のカランカワ族の襲撃で殺されるか捕まった。この植民地は実質3年間存続したが、その存在によってフランスは現在のテキサス地域の領有を主張し続け、後にアメリカ合衆国がルイジアナ買収の一部としてこの地域を購入した時にフランスの主張を支持することになった。スペインは1686年にラ・サールの任務について知った。フランスの植民地ができることは、スペインにとってヌエバ・エスパーニャや北アメリカの南部に対する脅威となることを心配したので、スペイン当局は開拓地を見つけ排除する為の数度にわたる遠征隊を手配した。これらの遠征は失敗したが、メキシコ湾岸地域の地形の理解には役立った。スペインが1689年になってやっとフランス開拓地の残骸を発見したとき、大砲を埋め、建物を焼却した。何年か後にスペイン当局は同じ場所に砦を建設した。スペインがこの砦を放棄した時にフランス開拓地の場所は忘れられたものとなった。その場所は1996年に再度発見され、現在は考古学的史跡になっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1888338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18628 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57485538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランス領テキサス(フランスりょうテキサス、英: French Texas)は、後にテキサス州となった地域の歴史の中で1685年から1689年まで存在した。この期間、現在のテキサス州アイネズ近くにフランスの植民地としてサンルイ砦があった。探検家ロベール=カブリエ・ド・ラ・サールがミシシッピ川河口に植民地を設立しようとしていたが、当時の地図の不正確さと航法上の誤りのために、船が400マイル (644 km) 西のマタゴルダ湾に近いテキサス海岸沖に錨を下ろすことになった。この植民地はその短期間しか存在しなかった間にも、敵対的インディアン、疫病および厳しい気象条件など数々の困難さに直面した。ラ・サールはその当初の任務を心に掛けて、ミシシッピ川を発見する為に何度か遠征を試みたが、結果的にはリオ・グランデ川の大半とテキサス東部の一部を探検した。ラ・サールが1686年に不在となっているときに、植民地の最後の船が難破し、植民地の人々はカリブ海にあったフランス植民地からの物資を得られなくなった。状況が悪化する中でラ・サールはイリノイ郡にあったフランス開拓地からの援助が無ければこの植民地は生き残れないと認識した。ラ・サールが1687年初期にブラゾス川へ最後の遠征を行った時、彼と隊員の中の5人が遠征隊中の競争相手によって殺された。隊員から一握りの者達がイリノイに到着したが、結局救援は来なかった。植民地に残っていた者達は1688年のカランカワ族の襲撃で殺されるか捕まった。この植民地は実質3年間存続したが、その存在によってフランスは現在のテキサス地域の領有を主張し続け、後にアメリカ合衆国がルイジアナ買収の一部としてこの地域を購入した時にフランスの主張を支持することになった。スペインは1686年にラ・サールの任務について知った。フランスの植民地ができることは、スペインにとってヌエバ・エスパーニャや北アメリカの南部に対する脅威となることを心配したので、スペイン当局は開拓地を見つけ排除する為の数度にわたる遠征隊を手配した。これらの遠征は失敗したが、メキシコ湾岸地域の地形の理解には役立った。スペインが1689年になってやっとフランス開拓地の残骸を発見したとき、大砲を埋め、建物を焼却した。何年か後にスペイン当局は同じ場所に砦を建設した。スペインがこの砦を放棄した時にフランス開拓地の場所は忘れられたものとなった。その場所は1996年に再度発見され、現在は考古学的史跡になっている。
rdfs:label
  • フランス領テキサス
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of