Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランス共和国République française国の標語: 自由、平等、友愛国歌: ラ・マルセイエーズフランス共和国の位置フランス共和国とその植民地(1939年)フランス第三共和政(フランスだいさんきょうわせい、La troisième République)は、普仏戦争さなかの1870年に樹立したフランスの共和政体である。1940年にナチス・ドイツのフランス侵攻によるヴィシー・フランス成立まで存続した。黎明期の第三共和制議会は君主制の復権を掲げる勢力が多数を占めていたが、その君主の性質などをめぐりボナパルティストおよび王党派様々な対立があり機を逃した。最終的にレジティミストの推すシャンボール伯アンリが1883年に没すると世論は共和政容認が大勢となり、選挙でも共和派が多数を占めた。結果として、王政復古の望みは潰えて「共和政」の名が公的に現れるようになった。1875年憲法(fr:Lois constitutionnelles de 1875)は第三共和制にその基礎となる二院制(上院(共和国元老院)と下院(代議院))の一元主義型議院内閣制を制定した。また、任期7年の共和国大統領が名目的元首となり両院による多数決で選出されることが定められた。第三共和制下では新たな植民地、インドシナ、マダガスカル、ポリネシア、大規模な領土西アフリカを含むアフリカ領土を20世紀までに獲得した。20世紀初頭の議会政治は中道右派の民主共和同盟(fr:Alliance démocratique (France))によって進められた。そもそも民主共和同盟は中道左派勢力と結集したが、共和制が定着するにつれて保守勢力となった。第一次世界大戦以降、特に30年代後半に急進党を中心にした左派との政治的対立が激化した。第二次世界大戦によるナチスドイツによる占領、フィリップ・ペタンを主席とするヴィシー政権が誕生したことでフランス第三共和政は終焉を迎えた。フランス第三共和政は70年で歴史を終えたが、1789年のアンシャン・レジーム崩壊以降の政体としては現在のフランス第五共和政も含めて最長のものとなった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 176782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 39738 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 809 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58723849 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1940 (xsd:integer)
prop-ja:人口値
  • 37653000 (xsd:integer)
  • 41560000 (xsd:integer)
prop-ja:人口測定時期
  • 1872 (xsd:integer)
  • 1938 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • France 1939.png
prop-ja:位置画像説明
  • フランス共和国とその植民地(1939年)
prop-ja:元首等年代始
  • 1871 (xsd:integer)
  • 1932 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1873 (xsd:integer)
  • 1940 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • フランス第二帝政
prop-ja:先旗
  • Flag of France.svg
prop-ja:公式国名
  • République française
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗画像
  • Flag of France.svg
prop-ja:国歌
prop-ja:国章画像
  • Francecoatofarms1898-2.png
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
  • --06-22
  • --09-04
prop-ja:建国時期
  • 1870 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • フランス共和国
prop-ja:標語
prop-ja:次代
  • イタリア南仏進駐領域
  • ナチス・ドイツによるフランス占領
  • ヴィシー政権
prop-ja:次旗
  • Flag of France.svg
  • Flag of Italy .svg
  • Flag of Nazi Germany .svg
prop-ja:略名
  • フランス
prop-ja:通貨
prop-ja:首相等年代始
  • 1870 (xsd:integer)
  • 1940 (xsd:integer)
prop-ja:首相等年代終
  • 1871 (xsd:integer)
  • 1940 (xsd:integer)
prop-ja:首相等氏名
prop-ja:首相等肩書
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランス共和国République française国の標語: 自由、平等、友愛国歌: ラ・マルセイエーズフランス共和国の位置フランス共和国とその植民地(1939年)フランス第三共和政(フランスだいさんきょうわせい、La troisième République)は、普仏戦争さなかの1870年に樹立したフランスの共和政体である。1940年にナチス・ドイツのフランス侵攻によるヴィシー・フランス成立まで存続した。黎明期の第三共和制議会は君主制の復権を掲げる勢力が多数を占めていたが、その君主の性質などをめぐりボナパルティストおよび王党派様々な対立があり機を逃した。最終的にレジティミストの推すシャンボール伯アンリが1883年に没すると世論は共和政容認が大勢となり、選挙でも共和派が多数を占めた。結果として、王政復古の望みは潰えて「共和政」の名が公的に現れるようになった。1875年憲法(fr:Lois constitutionnelles de 1875)は第三共和制にその基礎となる二院制(上院(共和国元老院)と下院(代議院))の一元主義型議院内閣制を制定した。また、任期7年の共和国大統領が名目的元首となり両院による多数決で選出されることが定められた。第三共和制下では新たな植民地、インドシナ、マダガスカル、ポリネシア、大規模な領土西アフリカを含むアフリカ領土を20世紀までに獲得した。20世紀初頭の議会政治は中道右派の民主共和同盟(fr:Alliance démocratique (France))によって進められた。そもそも民主共和同盟は中道左派勢力と結集したが、共和制が定着するにつれて保守勢力となった。第一次世界大戦以降、特に30年代後半に急進党を中心にした左派との政治的対立が激化した。第二次世界大戦によるナチスドイツによる占領、フィリップ・ペタンを主席とするヴィシー政権が誕生したことでフランス第三共和政は終焉を迎えた。フランス第三共和政は70年で歴史を終えたが、1789年のアンシャン・レジーム崩壊以降の政体としては現在のフランス第五共和政も含めて最長のものとなった。
rdfs:label
  • フランス第三共和政
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:hometown of
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:alt of
is prop-ja:birthPlace of
is prop-ja:origin of
is prop-ja:出生地 of
is prop-ja:寄託者 of
is prop-ja:後政府 of
is foaf:primaryTopic of