Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フランスの経済(仏語:L'économie de la France 、英語:Economy of France)は2008年の名目GDP換算で、アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国、ドイツに次いで世界第5位の規模である。フランスは冷戦期において、資本主義陣営に属していたものの、国家が企業を統治する混合経済体制を敷いていた(ディリジスム(en / fr))。1980年代の第1次コアビタシオンの時期に、フランス経済は民営化が進んだものの、ルノーやフランス電力、フランスガス公社とスエズが合併したエンジー、フランステレコムといった主要企業にはフランス政府が大株主となっており、混合経済体制の影響は色濃く残っている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1960049 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25828 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 274 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58622609 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フランスの経済(仏語:L'économie de la France 、英語:Economy of France)は2008年の名目GDP換算で、アメリカ合衆国、日本、中華人民共和国、ドイツに次いで世界第5位の規模である。フランスは冷戦期において、資本主義陣営に属していたものの、国家が企業を統治する混合経済体制を敷いていた(ディリジスム(en / fr))。1980年代の第1次コアビタシオンの時期に、フランス経済は民営化が進んだものの、ルノーやフランス電力、フランスガス公社とスエズが合併したエンジー、フランステレコムといった主要企業にはフランス政府が大株主となっており、混合経済体制の影響は色濃く残っている。
rdfs:label
  • フランスの経済
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of