Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • この記事ではフランスのファッション(仏: la mode en France)について概説する。ファッションは服飾や習慣全般に関係するが、伝統ではなく、目新しさや現代性に価値を置く。ファッションは17世紀以降フランスの重要な産業と輸出文化であり続けている。オートクチュールは1860年代のパリで始まった。ファッションデザイナーたちはブルジョワジーの服飾コードの奉仕者ではなく唯美主義者であろうとした。少なくともドイツ占領下でのザズー以降、若者のファッションは確立された社会秩序から進んで解放されようとした。それでもなお、ファッションは消費社会・服飾産業と明白な関係があるだけでなく、その輝かしい顔となっており、ファッション雑誌、写真、映画やテレビなどに現れる第一線のイメージを構成している。今日では、パリは東京・ロンドン・ミラノ・ニューヨークと並び世界のファッションの中心地の1つと考えられており、多くの一流メゾン(ファッションハウス)の発祥もしくは本拠地となっている。歴史的には、ココ・シャネル、クリスチャン・ディオール、ルイ・ヴィトン、ジャンヌ・ランバン、クロエ、エルメス、ギ・ラロッシュ、イヴ・サン=ローラン、靴のデザイナーのクリスチャン・ルブタンなど数多くの世界のトップデザイナーとメゾンがフランス出身であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2022332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14335 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56260762 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • この記事ではフランスのファッション(仏: la mode en France)について概説する。ファッションは服飾や習慣全般に関係するが、伝統ではなく、目新しさや現代性に価値を置く。ファッションは17世紀以降フランスの重要な産業と輸出文化であり続けている。オートクチュールは1860年代のパリで始まった。ファッションデザイナーたちはブルジョワジーの服飾コードの奉仕者ではなく唯美主義者であろうとした。少なくともドイツ占領下でのザズー以降、若者のファッションは確立された社会秩序から進んで解放されようとした。それでもなお、ファッションは消費社会・服飾産業と明白な関係があるだけでなく、その輝かしい顔となっており、ファッション雑誌、写真、映画やテレビなどに現れる第一線のイメージを構成している。今日では、パリは東京・ロンドン・ミラノ・ニューヨークと並び世界のファッションの中心地の1つと考えられており、多くの一流メゾン(ファッションハウス)の発祥もしくは本拠地となっている。歴史的には、ココ・シャネル、クリスチャン・ディオール、ルイ・ヴィトン、ジャンヌ・ランバン、クロエ、エルメス、ギ・ラロッシュ、イヴ・サン=ローラン、靴のデザイナーのクリスチャン・ルブタンなど数多くの世界のトップデザイナーとメゾンがフランス出身であった。
rdfs:label
  • フランスのファッション
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of